グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


ホーム >  広報・情報公開  >  メディア掲載情報 >  2016年度 メディア掲載情報


メディア掲載情報

2016年度 メディア掲載情報


8月

掲載年月日媒体名記事(番組)表題記事(番組)概要
8月31日ヨミドクター歯垢作る虫歯菌の酵素を利用、300度の熱に耐える樹脂開発…東京農工大東京農工大学農学部(東京都府中市)の吉田誠准教授(微生物学)らは、虫歯菌の出す酵素を利用して、新しい樹脂の開発に成功したと発表した。
8月31日小田原箱根経済新聞箱根・仙石原で自然観察会と講演会 「シカとの共存」テーマに箱根・仙石原で9月4日、自然フィールド観察会と講演会が開催される。
講師の古林賢恒さんが、元東京農工大森林生物保全学研究室・元丹沢大山学術調査副団長であることが紹介される。
8月30日読売新聞虫歯菌で樹脂開発酵素利用 PET樹脂より耐熱性 東京農工大 准教授ら
8月30日読売新聞虫歯菌で樹脂開発東京農工大学農学部(府中市)の吉田誠准教授(微生物学)らは、虫歯菌の出す酵素を利用して、新しい樹脂の開発に成功したと発表した。
8月30日毎日新聞毎日落語会風雲篇
入門10年目の節目「立川こはる勉強会」/東京で人気上昇中「柳亭市弥独演会」 /愛知
立川こはるさん(33)が東京都出身で、東京農工大大学院農学教育部生物制御科学専攻中退であることが紹介される。
8月29日肖鑫鑫的犄角旮旯参加2016国际电化学协会(ISE)年会见闻相对应的,第二个让我印象深刻的报告来自于日本Tokyo University of Agriculture and Technology的Koji Sode教授。他讲的正是glucose dehydrogenase (GDH)的DET,并真正的应用于第三代葡萄糖传感器的CGM(continuously glucose monitoring)。
※中国語記事。国際電気学会に出席しての感想として、本学早出広司教授の発表に感銘を受けたことが紹介されている。
8月28日テレビ朝日トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテンクマ類による人身事故について小池准教授がクマの生態からの解説
8月26日毎日新聞大学倶楽部・立教大
3年の木島さんが山口・長門で農業体験 成果を市長に報告
大都市で生まれ育った若者をインターンシップ(就業体験)で地方派遣する国土交通省事業に今年は立教大、東海大、鳥取大大学院、東京農工大の5人の学生が訪れたことが紹介される。
8月26日日刊工業新聞広告特集
わが国におけるライフサイエンスの最新動向
ライフサイエンス関連市場
8月26日dotクマが女性職員を襲撃 “おそまつ”だった安全対策クマ類による人身事故について小池准教授がクマの生態からの解説
8月26日大学ジャーナル第12回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催「第12回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」が2016年8月27~28日、開催される。2015年の第11回大会では、一般部門で秋田工業高等専門学校、自動操縦部門で東京農工大学、マルチコプタ部門で東京都立産業技術高等専門学校がそれぞれ優勝している。
8月26日タウンニュースドイツ学生 市内企業見学
欧州人の目で海外進出研究
首都圏産業活性化協会(TAMA協会)と同大学、東京農工大学の連携事業の紹介。
8月26日読売新聞海洋ごみ汚染 国際連携で拡散を防止したい東京農工大が昨年、東京湾で行った調査では、カタクチイワシ64匹の8割近くからマイクロプラスチックが発見された。海底にすむ貝からも見つかっている。
8月26日Chicago Tribuneinternational cooperation needed to prevent spread of marine garbage東京農工大が昨年、東京湾で行った調査では、カタクチイワシ64匹の8割近くからマイクロプラスチックが発見された。海底にすむ貝からも見つかっているという読売新聞の記事を受けて掲載。
8月25日化学工業日報東京農工大 炭素と炭素の結合 電気エネで効率化東京農工大学の千葉一裕教授岡田洋平助教らは炭素と炭素を結合する「ディールスアルダー反応」をわずかな電気エネルギーで効率的に行うことに成功した。
8月25日磯・投げ情報10月号海や魚の不思議をひもとく
海のなんでだろう
第77階海に漂うマイクロプラスチック
8月24日Security NextMac向けTwitterクライアントに絵文字処理でクラッシュする脆弱性Mac OS X向けに提供されているTwitterクライアントソフト「夜フクロウ」に、特定の文字列を処理するとクラッシュする脆弱性が含まれていることを、東京農工大学の市川遼氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告した。
8月24日毎日新聞地方体験交流
.大学生4人、長門市長に農業体験報告 /山口
「地方体験交流」で長門市俵山に全国から訪れている大学生4人が23日、大西倉雄市長を表敬訪問し、農業体験などを報告した。今年は立教大、東海大、鳥取大大学院、東京農工大の5人の学生が訪れた。
8月23日Livedoor News「みらいの教育基金」採択12件発表、ICT教育助成や院内学習支援ほかeラーニング専門ソリューションを提供するデジタル・ナレッジは8月23日、「デジタル・ナレッジ みらいの教育基金」第1次募集期間分の助成決定先を公表した。
8月22日農業協同組合新聞都市農業の課題に迫る 農業協同組合研究会現地研究会農業協同組合研究会(会長:梶井功東京農工大名誉教授)は、横浜農協で第11回現地研究会を開催する。
8月19日読売新聞群馬版朝刊クマによる事故について東京農工大農学研究院小池准教授が解説
8月19日IT PRO自動化した大学間高精細遠隔講義システムの構築と5年間の運用での課題自動化した大学間高精細遠隔講義システムの構築と5年間の運用での課題
8月18日TBSはやドキ!クマによる事故について東京農工大農学研究院小池准教授が解説
8月18日農業協同組合新聞トキと共生する佐渡市で全国棚田サミット 棚田には夢がある!
-棚田の価値を知り・活かし・継承するために-
8月18日日刊工業新聞リーディング大学院 来春、一期生修了
教育・意識改革手応え
東京農工大 「新専攻」で継続示す
8月17日毎日放送襲ったクマは運転席側から車内に、過去にも死亡事故クマによる事故について東京農工大農学研究院小池准教授が解説
8月17日TBS襲ったクマは運転席側から車内に、過去にも死亡事故クマによる事故について東京農工大農学研究院{{http://kenkyu-web.tuat.ac.jp/Profiles/28/0002720/profile.html">小池准教授が解説
8月17日TBSNスタクマによる事故について東京農工大農学研究院小池准教授が解説
8月17日TBSNews23クマによる事故について東京農工大農学研究院小池准教授が解説
8月15日東京新聞防衛相資金を警戒
軍事研究の募集半減
「戦争利用否定 堅持を」学術会議で議論
8月14日Livedoor News「日の丸」液晶会社JDI、存亡の危機…今期業績算定困難、サムスンに全然歯立たずJDI社長の有賀修二氏が1983年東京農工大・大学院工学研究科を修了したことが紹介される。
8月14日niftyニュース「日の丸」液晶会社JDI、存亡の危機…今期業績算定困難、サムスンに全然歯立たずJDI社長の有賀修二氏が1983年東京農工大・大学院工学研究科を修了したことが紹介される。
8月14日Political LoreMicroplastic litter surging globally: studyThe researcher team from the Tokyo University of Agriculture and Technology published the study about the danger of plastic waste fragments in the sea.
8月11日ハザードラボ虫歯菌の酵素からPETやナイロンより優れた樹脂 東京農工大が開発虫歯菌が歯垢を作るときの酵素を利用して、PETやナイロンよりも耐熱性がある樹脂を、東京農工大学の研究チームが開発した。
8月10日東京新聞大学対抗大喜利選手権今週のお題は「ブラジル」と掛けまして…
埼玉大学落語研究会vs東京農工大学落語研究会
8月9日日刊工業新聞連携10社資金で産学プロ東京農工大が年度内
博士教育・企業支援
会がk市場調査、ノウハウ活用
8月8日ビジネス+IT【事例:東京農工大学】クライアントPC更改で起動スピード高速化、消費電力削減を両立
8月8日全球塑胶网浓度已然超过海水 日本发现微塑料危害正急剧增加由东京农工大学教授高田秀重等人组成的研究团队近日宣布,2000年以来世界各地海底淤泥等沉积物中会造成海洋污染的塑料微粒子“微塑料”(MP)积蓄量急速增加。
※中国語記事。海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが突き止めた。
8月7日東京新聞サイ朴ハム創業者 畜産発展に尽力東京高等農林学校(現東京農工大)で学んだ笹崎龍雄氏の功績紹介
8月6日中日新聞 Risa特集
海のプラスチック
マイクロプラスチックについて東京農工大 高田秀重教授のコメントが紹介される。
8月5日日本経済新聞ニュースな科学デュアルユース
軍民両用技術 大学どこまで
学術会議で議論開始
テロに利用 懸念も
8月4日大学ジャーナル「歯垢」つくる酵素から、耐熱性に優れた樹脂を開発 東京大学ほか東京大学、東京農工大学、京都大学の研究グループは、虫歯菌の酵素から環境にも優しく、かつ耐熱性に優れた樹脂の開発に成功し、研究成果を「Scientific Reports」誌に発表した。
8月4日留学360留学东京农工大学机会来了!送价值万元暑期雅思课程学校简介
东京农工大学是一所位于日本东京西北部府中市的国立大学。
※中国語記事。留学先として農工大を紹介している。
8月3日全球塑胶网其浓度已然超过海水 微塑料的危害正急剧增加由东京农工大学教授高田秀重等人组成的研究团队宣布,2000年以来,世界各地海底淤泥等沉积物中会造成海洋污染的塑料微粒子“微塑料”(MP)积蓄量急速增加,微塑料在淤泥中的浓度已超过海水。
※中国語記事。海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
8月2日国家石油和化工网日本研究发现海底淤泥中微塑料沉积量剧增由东京农工大学教授高田秀重等人组成的研究团队近日宣布,2000年以来世界各地海底淤泥等沉积物中会造成海洋污染的塑料微粒子“微塑料”(MP)积蓄量急速增加。
※中国語記事。海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
8月2日日本経済新聞微小プラ 海底に蓄積東京農工大分析 2000年以降急増 底生生物に悪影響
8月2日日本経済新聞微小プラ 海底に蓄積東京農工大分析 2000年以降急増 底生生物に悪影響
8月2日日本経済新聞微小プラ 海底に蓄積 2000年以降に急増 海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが2日までに突き止めた。
8月2日リセマム【大学受験2017】駿台、首都圏と医学部の「国公立大説明会」10・11月駿台予備学校が、「首都圏国公立大学合同説明会2016」を開催し、農工大が参加することが紹介される。
8月2日Livedoor News【大学受験2017】駿台、首都圏と医学部の「国公立大説明会」10・11月駿台予備学校が、「首都圏国公立大学合同説明会2016」を開催し、農工大が参加することが紹介される。
8月1日静岡県警HPドライブレコーダーの映像が御覧になれます。東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
8月1日静岡新聞動画で事故防止
右折時、必ず安全確認
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
8月1日化学工業日報東大・農工大 虫歯菌酵素から高耐熱性樹脂 フィルム・繊維に加工東京大学と東京農工大などの研究グループは、虫歯菌の酵素を用いて高耐熱性樹脂を合成した。
8月1日大学ジャーナル防衛省の軍事利用研究費、大学など10件に支給防衛装備庁が発表した「安全保障技術研究推進制度」の配分先10件に、農工大が含まれることが紹介される。
8月1日全球塑胶网日本研究发现海底淤泥中微塑料沉积量剧增由东京农工大学教授高田秀重等人组成的研究团队近日宣布,2000年以来世界各地海底淤泥等沉积物中会造成海洋污染的塑料微粒子“微塑料”(MP)积蓄量急速增加。
※中国語記事。海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
8月1日The Japan TimesMicroplastic litter surging globally: studyThe accumulation of plastic waste fragments in sea sediment has sharply increased around the world in the 21st century, according to a recent study on microplastic litter.

7月

掲載年月日媒体名記事(番組)表題記事(番組)概要
7月31日東京新聞防衛装備庁 研究公募10件採択 大学参加に批判 応募半分以下に防衛装備庁が発表した「安全保障技術研究推進制度」の配分先10件に、農工大が含まれることが紹介される。
7月30日毎日新聞安全保障技術研究推進制度 .
防衛研究助成、5大学に 配分先発表 今年度44件、応募半減
防衛装備庁が発表した「安全保障技術研究推進制度」の配分先10件に、農工大が含まれることが紹介される。
7月30日どうしんウェブ軍事応用可能な研究10件採択 防衛省助成、北大にも防衛装備庁が発表した「安全保障技術研究推進制度」の配分先10件に、農工大が含まれることが紹介される。
7月30日毎日新聞高田守先生の生き物語り (番外編)必勝!金魚すくい コツは心理を読むこと
7月30日毎日新聞防衛研究助成 5大学に
配分先発表 今年度44件 応募半減
防衛装備庁が発表した「安全保障技術研究推進制度」の配分先10件に、農工大が含まれることが紹介される。
7月29日日刊工業新聞TAMA協会、産学官金連携会議に180人出席首都圏産業活性化協会は東京農工大学で「第9回TAMA産学官金サミット」を開催した。
7月29日日刊工業新聞TAMA協会、産学官金連携会議に180人出席首都圏産業活性化協会は東京農工大学で「第9回TAMA産学官金サミット」を開催した。
7月29日yahoo!ニュース<防衛研究助成>5大学に 今年度44件、応募半減防衛装備庁が発表した「安全保障技術研究推進制度」の配分先10件に、農工大が含まれることが紹介される。
7月29日毎日新聞防衛研究助成 .
5大学に 今年度44件、応募半減
防衛装備庁が発表した「安全保障技術研究推進制度」の配分先10件に、農工大が含まれることが紹介される。
7月29日ZD Net Japanユニアデックス、BYOD対応「クラウド型パソコン教室サービス」を提供開始ユニアデックスは7月27日、個人所有の持ち込みPCの利用を可能にする「クラウド型パソコン教室サービス」を、同日より大学をはじめとする学校向けに販売開始すると発表した記事で、東京農工大学 総合情報メディアセンター の萩原洋一教授のコメントが紹介される。
7月29日Jiji.com女性合格者、4分の1超える=国家公務員の総合職試験-人事院人事院は29日、2016年度国家公務員採用総合職試験の合格者数が2011人に上ったと発表した。
7月29日中化新网 日本研究发现海底淤泥中微塑料沉积量剧增中化新网讯 据共同社消息,由东京农工大学教授高田秀重等人组成的研究团队近日宣布,2000年以来世界各地海底淤泥等沉积物中会造成海洋污染的塑料微粒子“微塑料”(MP)积蓄量急速增加。
※中国語記事。海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月29日日本農業新聞倒状に強い領域
イネゲノムで特定 東京農工大学など
東京農工大学と農件気候はイネの遺伝情報の中で強稈性を制御する領域を特定した。
7月29日リセマムパソコン教室が不要に、学校向け「クラウド型パソコン教室」サービスユニアデックスは、大学など学校向けに、学生・生徒の個人所有パソコンの持ち込み利用を可能にする「クラウド型パソコン教室サービス」の販売を7月27日より開始した。東京農工大学では先行して4月よりサービスを導入している。
7月28日共同通信プラスチック粒子、堆積物に蓄積 今世紀に入り量が急増海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日神戸新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積 今世紀に入り量が急増海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日徳島新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積 今世紀に入り量が急増海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日デイリースポーツプラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日千葉日報プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日佐賀新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日山陰中央新報プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日沖縄タイムス+プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日信毎WEBプラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日カナロコプラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日河北新報プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日京都新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日北海道新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日岐阜新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日373Newsプラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日中日新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日産経ニュースプラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日山陽新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日Biglobeニュースプラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日Web東奥プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日exciteニュースプラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日上毛新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日岩手日報プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日大阪日日新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日愛媛新聞ONLINEプラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日秋田魁新報電子版プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日日本海新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日西日本新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日長崎新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日下野新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日マイナビニュースユニアデックス、BYOD型仮想デスクトップ「パソコン教室サービス」すでに2016年4月から東京農工大学で新サービスは稼働しており、学内にあった約500台規模のパソコン教室を撤廃、学生全員が個人所有のパソコンを使い、仮想デスクトップにログインし、授業や自習で利用している。
7月28日東京新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日東京新聞海底の堆積物にプラ粒子が急増海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日琉球新報プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日福井新聞プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日くまにちコムプラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日SHIKOKU NEWSプラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日福島民報プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日新潟日報プラスチック粒子、堆積物に蓄積海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
7月28日マイナビニュースユニアデックス、BYOD型仮想デスクトップ「パソコン教室サービス」すでに2016年4月から東京農工大学で新サービスは稼働しており、学内にあった約500台規模のパソコン教室を撤廃、学生全員が個人所有のパソコンを使い、仮想デスクトップにログインし、授業や自習で利用している。
7月28日Livedoor Newsユニアデックス、BYOD型仮想デスクトップ「パソコン教室サービス」すでに2016年4月から東京農工大学で新サービスは稼働しており、学内にあった約500台規模のパソコン教室を撤廃、学生全員が個人所有のパソコンを使い、仮想デスクトップにログインし、授業や自習で利用している。
7月28日日刊工業新聞日独大学生、ミズキの経営課題に対応-TAMA協と連携研修で中小の現場視察 日独の大学生が中小企業の課題に対応します―。ドイツのシュタインバイス大学、東京農工大学、東京工業大学の学生17人が首都圏産業活性化協会(TAMA協会)との連携研修で中小の現場を視察した。
7月28日日刊工業新聞日独大学生、ミズキの経営課題に対応-TAMA協と連携研修で中小の現場視察 日独の大学生が中小企業の課題に対応します―。ドイツのシュタインバイス大学、東京農工大学、東京工業大学の学生17人が首都圏産業活性化協会(TAMA協会)との連携研修で中小の現場を視察した。
7月28日日刊工業新聞DNAのメチル化頻度2,3時間で簡単測定 東京工科大など
7月27日日刊工業新聞堀場雅夫賞に阪本氏ら5氏東京農工大学のポンサトーン・ラクシンチャラーンサク准教授の「リスク予測運転知能モデルに基づく協調型運転支援システム」が受賞したことが紹介される
7月27日クラウドWatchユニアデックス、学校向け「クラウド型パソコン教室サービス」販売開始今回提供を開始する「クラウド型パソコン教室サービス」は、すでに2016年4月から東京農工大学で稼働しており、学内にあった約500台規模のパソコン教室を撤廃、学生全員が個人所有のパソコンを使って、仮想デスクトップにログインし、授業や自習で利用されている。
7月27日医療ニュースがんバイオマーカー、メチル化DNAの簡便な測定法開発-東京工科大ら東京工科大学は7月25日、がんなどのバイオマーカーとして期待されるメチル化DNAを簡便に測定できる方法の開発に成功したと発表した。
7月27日Thai PR. NETนักศึกษาวิศวลาดกระบังคว้ารางวัลชนะเลิศ งานประชุมวิชาการนานาชาติ (ICT-ISPC 2016)อ่านต่อได้ที่การจัดงานในครั้งเป็นความร่วมมือจาก คณะ ICT มหาวิทยาลัยมหิดล ร่วมกับ Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) ประเทศญี่ปุ่น University Technology of Malaysia (UTM) ประเทศมาเลเซียและ Norwegian University of Science and Technology (NTNU) ประเทศนอร์เวย์ เป็นเจ้าภาพจัดงานประชุมวิชาการนานาชาติ "The 2016 Fifth ICT International Student Project Conference (ICT-ISPC 2016)" ณ คณะเทคโนโลยีสารสนเทศและการสื่อสาร (ICT) มหาวิทยาลัยมหิดล ศาลายา โดยมีวัตถุประสงค์ เพื่อเป็นเวทีที่เปิดโอกาสให้นักศึกษาได้นำเสนอผลงานวิชาการทางด้านเทคโนโลยีและการสื่อสารอันจะก่อให้เกิดการแลกเปลี่ยนองค์ความรู้ระหว่างสถาบันอุดมศึกษาด้วยกันและระหว่างสถาบันอุดมศึกษากับภาคอุตสาหกรรม รวมทั้งเป็นการแลกเปลี่ยนประสบการณ์ในการทำ
※タイ語記事。本学がTechnical co-sponsorとして参加している国際会議(ICT-ISPC)における受賞者の紹介。
7月26日日経産業新聞最近で磁性微粒子を合成東京農工大 省エネ、形状自由に
7月25日福建日报我省加快形成以创新为主要引领和支撑的经济体系和发展模式——
创新驱动,释放改革新活力
上世纪九十年代,王华南远赴日本学习深造,拿到东京农工大学硕士学位后,在日本从事摩擦学和材料学相关领域的应用和研究。因技术研究成果突出,他分别入选了厦门“双百计划”和福建省“百人计划”。去年,他带着第4代环保高性能摩擦材料项目回故乡晋江创业。
※中国語記事。企業家の王華南さんが農工大で学んだことが紹介される。
7月24日LAMPUNG POSTSemangat Soni Mengajak Masyarakat Menjaga HutanNamun, tidak bagi MD Wicaksono P, pengalamannya menetap di Jepang selama tiga tahun saat mendalami keilmuan kehutanan di Tokyo University of Agricultural and Technology membuat pria yang akrab disapa Soni ini sadar menjaga hutan harus dilakukan sejak dini.
※インドネシア語記事。森林保護に取り組むSoniさんを取り上げた記事の中で、Soniさんが農工大で学んだことが紹介される。
7月22日TBSNスタ海洋プラスチック汚染について
7月21日スポーツ報知クマによる人身事故について解説
7月20日西日本新聞「クスのちから」販売好調 消臭や防虫などに効果 うきはの障害者施設が商品化 [福岡県]うきはブランド推進隊(地域おこし協力隊)の女性隊員、小崎尚美さん(31)が、東京農工大で「森林科学」を専攻したことが紹介される。
7月20日The Japan TimesPlastic debris in oceans a growing hazard as toxins climb the food chainAccording to Hideshige Takada, a professor at the laboratory of organic geochemistry at Tokyo University of Agriculture and Technology and a foremost researcher in the field, 90 percent of microplastics come from plastics that we use in daily life that fall through the recycling system, such as plastic waste that blows out of trash bins and washes into rivers or fetches up on beaches.
7月20日The Japan TimesPlastic debris in oceans a growing hazard as toxins climb the food chainAccording to Hideshige Takada, a professor at the laboratory of organic geochemistry at Tokyo University of Agriculture and Technology and a foremost researcher in the field, 90 percent of microplastics come from plastics that we use in daily life that fall through the recycling system, such as plastic waste that blows out of trash bins and washes into rivers or fetches up on beaches.
7月19日Materials ViewsIonic Liquids in Polymer DesignHiroyuki Ohno and co-workers (Tokyo University of Agriculture and Technology, Japan) describe a new type of thermoresponsive poly(ionic liquid) gel based on polymerizable phosphonium chloride-type ionic liquid monomers with the long-term goal to desalinate sea water.
7月18日東京新聞社説
海の日に考える 消えざるものはどこへ
プラスチックごみの問題を紹介する中で、東京農工大の高田秀重教授らの調査で、東京湾で捕れたカタクチイワシの八割近くの内臓からマイクロプラスチックが検出されていることが紹介される。
7月18日東京新聞社説
海の日に考える 消えざるものはどこへ
プラスチックごみの問題を紹介する中で、東京農工大の高田秀重教授らの調査で、東京湾で捕れたカタクチイワシの八割近くの内臓からマイクロプラスチックが検出されていることが紹介される。
7月18日NHKプラスチックによる海洋汚染 川から防ぐ取り組み東京農工大学の高田秀重教授のグループが、世界各地の研究者やNGOの協力を得て50余りの国や地域の海岸からマイクロプラスチックを集め、付着している有害物質の種類や量を分析したことが紹介される。
7月18日Daejon ilbo보은군민자치대학, 21일 제 4강 개최채 교수는 도쿄농공대학 대학원 농학을 전공하고 MBC 귀농아카데미 원장, 한국농촌경제연구원 연구자문위원, 국가균형발전위원회 신활력 사업 자문위원을 역임했으며 현재 연암대학교 친환경 원예계열 교수로 활동하고 있다.손동균 기자
※韓国語記事。大学での講演会について紹介する記事の中で、講演者のチェサンホン教授(채상헌 교수) が農工大農学府出身であることが紹介される。
7月18日NEWSIS[보은소식]전문농업인, 최고경영자과정 모집 등◇보은군민자치대학 21일 보은군청에서 개최
채상헌 교수는 도쿄농공대학 대학원 농학을 전공하고 MBC 귀농아카데미 원장, 한국농촌경제연구원 연구자문위원, 국가균형발전위원회 신활력 사업 자문위원을 역임했다.
※韓国語記事。大学での講演会について紹介する記事の中で、講演者のチェサンホン教授(채상헌 교수) が農工大農学府出身であることが紹介される。
7月18日Cheongiu ilbo오는 21일 충북 보은군민자치대학 제4강 개최채상헌 교수는 도쿄농공대학 대학원 농학을 전공하고 MBC 귀농아카데미 원장, 한국농촌경제연구원 연구자문위원, 국가균형발전위원회 신활력 사업 자문위원을 역임했으며, 현재 연암대학교 친환경 원예계열 교수로 활동하고 있다.
※韓国語記事。大学での講演会について紹介する記事の中で、講演者のチェサンホン教授(채상헌 교수) が農工大農学府出身であることが紹介される。
7月17日日本経済新聞東京農工大発VB、脳梗塞の新薬候補を試験 東京農工大発のベンチャー、ティムス(東京都府中市)は2017年から、同大が開発した脳梗塞の新たな治療薬候補「SMTP」の効果を調べる臨床試験を東北大学などで始める。現在の治療薬「t―PA」は発症から4時間半以内の患者にしか使えないが、SMTPはそれ以上時間がたっても使えるとみられ、より多くの救命につながる可能性がある。
7月17日日本経済新聞東京農工大発VB、脳梗塞の新薬候補を試験 東京農工大発のベンチャー、ティムス(東京都府中市)は2017年から、同大が開発した脳梗塞の新たな治療薬候補「SMTP」の効果を調べる臨床試験を東北大学などで始める。現在の治療薬「t―PA」は発症から4時間半以内の患者にしか使えないが、SMTPはそれ以上時間がたっても使えるとみられ、より多くの救命につながる可能性がある。
7月17日毎日新聞「偉人伝」企画展 養豚で6次産業化を実践、サイボクハム創業者・笹崎龍雄氏 /埼玉日高市の高麗神社が高麗郡建郡1300年の記念事業として、企画展「高麗郡偉人伝シリーズ」の1回目をスタートさせ、地元の「埼玉種畜牧場・サイボクハム」の創業者、笹崎龍雄氏(故人)を取り上げる。
笹崎氏は1916年、長野県生まれ。東京高等農林学校(現東京農工大)獣医学科を卒業し、戦地から日本に帰還後の46年に種豚の育種・改良から食肉加工までを手がける牧場を開いた。
7月15日中国教育新聞日本国立大学功能分类新动向卓越教育研究(世界一流水准大学)的大学包括东京大学、京都大学、大阪大学、九州大学、东北大学、北海道大学、名古屋大学、筑波大学、一桥大学、东京工业大学、东京农工大学、千叶大学、金泽大学、神户大学、广岛大学和冈山大学等16所高校。
※中国語記事。日本の国立大学の改革に関する記事の中で、卓越教育研究(世界一流水准大学)的大学として、東京農工大学が紹介される。
7月15日ICT教育ニュースユニアデックス、東京農工大のBYOD&VDI先進事例セミナー 27日開催ユニアデックは、東京農工大学がパソコン教室を撤廃して、全学生BYOD化による仮想デスクトップを導入した先進事例を紹介する教育ICTセミナーを、東京・丸の内のトラストシティ カンファレンス・丸の内で7月27日に開催する。
7月11日農業協同組合新聞農協運動の発展に寄与した16氏を表彰 食と農、地域と暮らしを守るために 農協運動の仲間達が贈る 第38回農協人文化賞梶井功東京農工大名誉教授は会場から「いま行われていることは、『改革』ではなく『農協潰し』につながっている。かつては農協批判をしても農協がいらないという財界トップはいなかったが、いまは、財政負担無しならいいが、そうでなければ農業がなくてもいいといっている。そのための第一歩が『農協改革』だ」との意見を述べた。
7月8日全国農業新聞Next Generation 農家に転身、独学で有機農業 滋賀・近江八幡市 廣部里美さん東京農工大学農学部出身の廣部さんのインタビュー記事。
7月8日読売新聞大学の実力調査 国立~公立農工大がリストで紹介される。
7月5日毎日新聞高田守先生の生き物語り 世界一安全な場所
7月5日週刊女性クマによる人身事故の原因について解説
7月5日農機新聞植物工場テーマに
7月15日日本学術会議公開シンポ
主な講演
「大規模施設園芸における知農化の意義」澁澤栄(日本学術会議第二部会員、東京農工大学大学院農学研究院教授)
7月5日フジテレビ直接LIVE グッディ!クマの生態についての解説
7月4日静岡新聞動画で事故防止
高齢者、運転慎重に
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料がARで放映
7月4日静岡県警ホームページ一時不停止による出会い頭事故東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
7月2日北海道新聞海洋プラスチック汚染使い捨て削減行政で
7月1日テレビ朝日グッドモーニング東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
7月1日ニュースイッチ
(日刊工業新聞社)
「的当てゲーム」の要領で運動学習能力測定東京農工大と東大の研究チームがスマホ・タブレット向けアプリ開発
7月1日日本学術振興会私と科研費「予定通りに進まないのが研究:それを寛大に支えてくれる科研費」
大野 弘幸  東京農工大学 大学院工学研究院 教授・工学研究院長
平成28年度に実施している研究テーマ:
「高分子化したイオン液体に束縛された水分子数の可逆的な制御」(基盤研究(A))
7月1日flipperStop 海ごみ Feature!
細かくなっていくプラスチックごみ
東京農工大学農学部高田秀重教授のインタニュー

6月

掲載年月日媒体名記事(番組)表題記事(番組)概要
6月30日NHK「所さん!大変ですよ」東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
6月30日NHK「所さん!大変ですよ」東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
6月30日NHK「所さん!大変ですよ」東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
6月30日中国触摸屏网显示屏的世界远比你想象中更加丰富多彩日本东京农工大学副教授石田宽等人研发出一种显示装置,可配合显示屏里的图像从屏幕特定位置散发出香气。
※中国語記事。ディスプレイの最新技術に関する記事の中で、本学石田准教授の匂いを出すディスプレイが紹介される。
6月28日Walker plus花小金井のブルーベリー農園で摘み取り体験!知る人ぞ知る、花小金井は日本におけるブルーベリー栽培発祥の地。東京農工大学の故・岩垣駛夫(いわがきはやお)教授がアメリカからブルーベリーを取り寄せ、その栽培に花小金井を選んだことに由来する。
6月28日infoseekニュース花小金井のブルーベリー農園で摘み取り体験!知る人ぞ知る、花小金井は日本におけるブルーベリー栽培発祥の地。東京農工大学の故・岩垣駛夫(いわがきはやお)教授がアメリカからブルーベリーを取り寄せ、その栽培に花小金井を選んだことに由来する。
6月28日gooニュース花小金井のブルーベリー農園で摘み取り体験!知る人ぞ知る、花小金井は日本におけるブルーベリー栽培発祥の地。東京農工大学の故・岩垣駛夫(いわがきはやお)教授がアメリカからブルーベリーを取り寄せ、その栽培に花小金井を選んだことに由来する。
6月28日T-site花小金井のブルーベリー農園で摘み取り体験!知る人ぞ知る、花小金井は日本におけるブルーベリー栽培発祥の地。東京農工大学の故・岩垣駛夫(いわがきはやお)教授がアメリカからブルーベリーを取り寄せ、その栽培に花小金井を選んだことに由来する。
6月28日dmenu花小金井のブルーベリー農園で摘み取り体験!知る人ぞ知る、花小金井は日本におけるブルーベリー栽培発祥の地。東京農工大学の故・岩垣駛夫(いわがきはやお)教授がアメリカからブルーベリーを取り寄せ、その栽培に花小金井を選んだことに由来する。
6月28日GREEニュース花小金井のブルーベリー農園で摘み取り体験!知る人ぞ知る、花小金井は日本におけるブルーベリー栽培発祥の地。東京農工大学の故・岩垣駛夫(いわがきはやお)教授がアメリカからブルーベリーを取り寄せ、その栽培に花小金井を選んだことに由来する。
6月28日ニコニコニュース花小金井のブルーベリー農園で摘み取り体験!知る人ぞ知る、花小金井は日本におけるブルーベリー栽培発祥の地。東京農工大学の故・岩垣駛夫(いわがきはやお)教授がアメリカからブルーベリーを取り寄せ、その栽培に花小金井を選んだことに由来する。
6月28日Livedoor News花小金井のブルーベリー農園で摘み取り体験!知る人ぞ知る、花小金井は日本におけるブルーベリー栽培発祥の地。東京農工大学の故・岩垣駛夫(いわがきはやお)教授がアメリカからブルーベリーを取り寄せ、その栽培に花小金井を選んだことに由来する。
6月27日日経産業新聞知を拓く 
東京農工大 特別栄誉教授遠藤章氏
コレステロール下げる「スタチン」発見
世界4000万人 命守る薬
カビから抽出 6300種類調べる
6月25日Biglobeニュース太りやすい人・太りにくい人、その違いは腸内細菌「やせ菌」にあった!『新発見! 「やせ菌」スープダイエット』(監修:東京農工大学大学院 農学研究院 応用生命化学専攻 代謝機能制御学研究室 テニュアトラック特任准教授木村郁夫、発売日:2016年6月25日(土)、出版社:主婦の友社)の紹介
6月25日楽天Woman太りやすい人・太りにくい人、その違いは腸内細菌「やせ菌」にあった!『新発見! 「やせ菌」スープダイエット』(監修:東京農工大学大学院 農学研究院 応用生命化学専攻 代謝機能制御学研究室 テニュアトラック特任准教授木村郁夫、発売日:2016年6月25日(土)、出版社:主婦の友社)の紹介
6月25日ameba news太りやすい人・太りにくい人、その違いは腸内細菌「やせ菌」にあった!『新発見! 「やせ菌」スープダイエット』(監修:東京農工大学大学院 農学研究院 応用生命化学専攻 代謝機能制御学研究室 テニュアトラック特任准教授木村郁夫、発売日:2016年6月25日(土)、出版社:主婦の友社)の紹介
6月25日exciteニュース太りやすい人・太りにくい人、その違いは腸内細菌「やせ菌」にあった!『新発見! 「やせ菌」スープダイエット』(監修:東京農工大学大学院 農学研究院 応用生命化学専攻 代謝機能制御学研究室 テニュアトラック特任准教授木村郁夫、発売日:2016年6月25日(土)、出版社:主婦の友社)の紹介
6月25日Yahoo!ニュース太りやすい人・太りにくい人、その違いは腸内細菌「やせ菌」にあった!『新発見! 「やせ菌」スープダイエット』(監修:東京農工大学大学院 農学研究院 応用生命化学専攻 代謝機能制御学研究室 テニュアトラック特任准教授木村郁夫、発売日:2016年6月25日(土)、出版社:主婦の友社)の紹介
6月25日ニコニコニュース太りやすい人・太りにくい人、その違いは腸内細菌「やせ菌」にあった!『新発見! 「やせ菌」スープダイエット』(監修:東京農工大学大学院 農学研究院 応用生命化学専攻 代謝機能制御学研究室 テニュアトラック特任准教授木村郁夫、発売日:2016年6月25日(土)、出版社:主婦の友社)の紹介
6月24日科学新聞グローバル・リーダー育成プログラム文科省 大学院教育改革を支援
院生、来年度から社会へ
6月24日日経産業新聞天井クレーン揺れにくく東京農工大が制御技術
6月24日日本経済新聞2016年6月24日付 《日経産業新聞》
天井クレーン揺れにくく
東京農工大が制御技術
6月24日リセマム【夏休み2016】東京農工大、女子中高生のためのサマースクール8/6東京農工大学は8月6日、女子中高生や高等専門学校の女子学生を対象とした「女子中高生のためのサマースクール2016 in 農工大」を開催する。
6月24日ameba news【夏休み2016】東京農工大、女子中高生のためのサマースクール8/6東京農工大学は8月6日、女子中高生や高等専門学校の女子学生を対象とした「女子中高生のためのサマースクール2016 in 農工大」を開催する。
6月24日exciteニュース【夏休み2016】東京農工大、女子中高生のためのサマースクール8/6東京農工大学は8月6日、女子中高生や高等専門学校の女子学生を対象とした「女子中高生のためのサマースクール2016 in 農工大」を開催する。
6月24日ニュービーライフ【夏休み2016】東京農工大、女子中高生のためのサマースクール8/6東京農工大学は8月6日、女子中高生や高等専門学校の女子学生を対象とした「女子中高生のためのサマースクール2016 in 農工大」を開催する。
6月24日Yahoo!ニュース【夏休み2016】東京農工大、女子中高生のためのサマースクール8/6東京農工大学は8月6日、女子中高生や高等専門学校の女子学生を対象とした「女子中高生のためのサマースクール2016 in 農工大」を開催する。
6月23日光明网 衣服上的“三手烟”对人体有危害吗? 粒子学家,东京农工大学的畠山史郎教授表示,烟草中烟所含有的物质其实是非常小的粒子,当附着在衣物上时粒子力非常弱,因此这些粒子会留在纤维中,很难从衣物中再释放出来。因此三次吸烟对健康的影响微乎其微。
※中国語記事:6月21日にLivedoorNewsに掲載された三次喫煙の記事を受け、東京農工大学の畠山史郎教授の煙草の煙に含まれる物質についてのコメントが紹介される。
6月23日环球网 衣服上的“三手烟”对人体有危害吗? 粒子学家,东京农工大学的畠山史郎教授表示,烟草中烟所含有的物质其实是非常小的粒子,当附着在衣物上时粒子力非常弱,因此这些粒子会留在纤维中,很难从衣物中再释放出来。因此三次吸烟对健康的影响微乎其微。
※中国語記事:6月21日にLivedoorNewsに掲載された三次喫煙の記事を受け、東京農工大学の畠山史郎教授の煙草の煙に含まれる物質についてのコメントが紹介される。
6月23日The Japan News by The Yomiuri ShimbunLet’s go to the museum / Discover the history of the textile industry東京農工大科学博物館が紹介される
6月23日朝日新聞微細プラスチック、魚から 吸着の汚染、体内蓄積 海洋生態系に脅威東京農工大の研究チームが、東京湾でカタクチイワシを調査したところ、64匹のうち49匹から、計150個のマイクロプラスチックが見つかったことが紹介される。
6月23日朝日新聞微細プラスチック、魚から 吸着の汚染、体内蓄積 海洋生態系に脅威東京農工大の研究チームが、東京湾でカタクチイワシを調査したところ、64匹のうち49匹から、計150個のマイクロプラスチックが見つかったことが紹介される。
6月23日日経産業新聞ナナフシの成分が効果東京農工大など 細胞実験で確認
6月22日新民网衣服上的“三手烟”对人体有危害吗?粒子学家,东京农工大学的畠山史郎教授表示,烟草中烟所含有的物质其实是非常小的粒子,当附着在衣物上时粒子力非常弱,因此这些粒子会留在纤维中,很难从衣物中再释放出来。因此三次吸烟对健康的影响微乎其微。
※中国語記事:6月21日にLivedoorNewsに掲載された三次喫煙の記事を受け、東京農工大学の畠山史郎教授の煙草の煙に含まれる物質についてのコメントが紹介される。
6月21日静岡朝日テレビとびっきり!しずおか東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
6月21日東京新聞プラスチック粒子、カキ繁殖に悪影響 仏グループ実験マイクロプラスチック問題に詳しい・東京農工大 高田秀重教授のコメントが紹介される。
6月21日東京新聞プラスチック粒子、カキ繁殖に悪影響 仏グループ実験マイクロプラスチック問題に詳しい・東京農工大 高田秀重教授のコメントが紹介される。
6月21日農機新聞AMF研究機構が設立静岡県沼津市に健康増進機能の高い農作物、アグロメディカルフーズ(AMF)を調査研究する研究機構が誕生した。理事は東京農工大の澁澤栄教授
6月21日HUFF POST大学ランキング、東大がアジア首位から陥落 トップはどの大学?イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」が発表した中東を含むアジア地域の大学のランキング・トップ100(2015年版)で、東京農工大学が97位であることが紹介される。
6月21日週刊女性人間を怖がるクマ減少、クマから命を守るための10か条東京農工大の小池伸介准教授のコメントが紹介される。
6月21日マイナビニュース人間を怖がるクマ減少、クマから命を守るための10か条東京農工大の小池伸介准教授のコメントが紹介される。
6月21日Livedoor News人間を怖がるクマ減少、クマから命を守るための10か条東京農工大の小池伸介准教授のコメントが紹介される。
6月21日yahoo!ニュース人間を怖がるクマ減少、クマから命を守るための10か条東京農工大の小池伸介准教授のコメントが紹介される。
6月21日niftyニュース人間を怖がるクマ減少、クマから命を守るための10か条東京農工大の小池伸介准教授のコメントが紹介される。
6月21日デイリー新潮服についた煙草の煙が害という“三次喫煙”の真実 「健康への影響の可能性は低い」と専門家東京農工大学の畠山史郎教授の煙草の煙に含まれる物質についてのコメントが紹介される。
6月21日Livedoor News服についた煙草の煙が害という“三次喫煙”の真実 「健康への影響の可能性は低い」と専門家東京農工大学の畠山史郎教授の煙草の煙に含まれる物質についてのコメントが紹介される。
6月21日ameba news服についた煙草の煙が害という“三次喫煙”の真実 「健康への影響の可能性は低い」と専門家東京農工大学の畠山史郎教授の煙草の煙に含まれる物質についてのコメントが紹介される。
6月21日exciteニュース服についた煙草の煙が害という“三次喫煙”の真実 「健康への影響の可能性は低い」と専門家東京農工大学の畠山史郎教授の煙草の煙に含まれる物質についてのコメントが紹介される。
6月21日infoseekニュース服についた煙草の煙が害という“三次喫煙”の真実 「健康への影響の可能性は低い」と専門家東京農工大学の畠山史郎教授の煙草の煙に含まれる物質についてのコメントが紹介される。
6月21日電気新聞全国理系
学び舎 紀行
産業界の技術革新挑む
東京農工大学 リーディング大学院
6月21日日本種苗新聞未来に向けた農業
カギ握る大学研究室
東京農工大学②
リビングマルチに最適
6月20日hotpepper東京農工大「農学部のオリジナル焼酎」と「工学部のメロンパン」【学食巡礼】学食巡礼 第4回:東京農工大の学食、どちらを食すか
6月20日ガジェット通信東京農工大「農学部のオリジナル焼酎」と「工学部のメロンパン」【学食巡礼】学食巡礼 第4回:東京農工大の学食、どちらを食すか
6月20日gooニュース東京農工大「農学部のオリジナル焼酎」と「工学部のメロンパン」【学食巡礼】学食巡礼 第4回:東京農工大の学食、どちらを食すか
6月20日Tsite東京農工大「農学部のオリジナル焼酎」と「工学部のメロンパン」【学食巡礼】学食巡礼 第4回:東京農工大の学食、どちらを食すか
6月20日日本経済新聞超サクッ!ニュースまとめ
クマやワニの被害、国内外で相次ぐ 身を守るには
東京農工大の小池伸介准教授(生態学)が、クマの生態や遭遇した時の対策についてコメントしている。
6月19日美beuteがんばって働いた日ほどテカる!? 化粧崩れQ&A東京農工大学で非常勤講師も務める次田哲也さん(花王 スキンケア研究所 )のインタビュー。
6月19日Livedoor Newsがんばって働いた日ほどテカる!? 化粧崩れQ&A東京農工大学で非常勤講師も務める次田哲也さん(花王 スキンケア研究所 )のインタビュー。
6月19日ameba newsがんばって働いた日ほどテカる!? 化粧崩れQ&A東京農工大学で非常勤講師も務める次田哲也さん(花王 スキンケア研究所 )のインタビュー。
6月19日gooニュースがんばって働いた日ほどテカる!? 化粧崩れQ&A東京農工大学で非常勤講師も務める次田哲也さん(花王 スキンケア研究所 )のインタビュー。
6月19日ネタりかがんばって働いた日ほどテカる!? 化粧崩れQ&A東京農工大学で非常勤講師も務める次田哲也さん(花王 スキンケア研究所 )のインタビュー。
6月19日長野日報財産区の今後考える 茅野でシンポ基調講演は、東京農工大大学院農学研究院の土屋俊幸教授が「地域における協働のあり方を考える~自然公園・財産区・観光」と題して語った。
6月18日日本農業新聞機能性食品生産普及へ静岡県沼津市に健康増進機能の高い農作物、アグロメディカルフーズ(AMF)を調査研究する研究機構が誕生した。理事は東京農工大の澁澤栄教授
6月18日美beuteメイク崩れの原因って?崩れのメカニズムを解明!東京農工大学で非常勤講師も務める次田哲也さん(花王 スキンケア研究所 )のインタビュー。
6月18日Livedoor Newsメイク崩れの原因って?崩れのメカニズムを解明!東京農工大学で非常勤講師も務める次田哲也さん(花王 スキンケア研究所 )のインタビュー。
6月18日ameba newsメイク崩れの原因って?崩れのメカニズムを解明!東京農工大学で非常勤講師も務める次田哲也さん(花王 スキンケア研究所 )のインタビュー。
6月18日exciteニュースメイク崩れの原因って?崩れのメカニズムを解明!東京農工大学で非常勤講師も務める次田哲也さん(花王 スキンケア研究所 )のインタビュー。
6月18日dmenuメイク崩れの原因って?崩れのメカニズムを解明!東京農工大学で非常勤講師も務める次田哲也さん(花王 スキンケア研究所 )のインタビュー。
6月18日ネタりかメイク崩れの原因って?崩れのメカニズムを解明!東京農工大学で非常勤講師も務める次田哲也さん(花王 スキンケア研究所 )のインタビュー。
6月18日静岡新聞沼津に研究機構設置 健康増進効果発揮の農産物「AMF」静岡県内に拠点を設けることについて理事の渋沢栄東京農工大大学院教授は「将来構想が一致した」と強調した。
6月17日朝日放送「キャスト」 (近畿広域圏放送対象)東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
6月17日日経テクノロジー空間に飛び出すディスプレー第2部:要素技術
「空間再生」実現のカギは超高精細技術や安価な光源
東京農工大学の高木康博教授の資料を基に本誌が作成した画像が紹介される
6月17日読売新聞クマ被害者、DNA鑑定で特定できず…状態悪化秋田県のクマ事故で、被害者の特定には至らなかったことについての、東京農工大の小池伸介准教授のコメントが紹介される。
6月17日毎日新聞キャンパる・聞いてみました.
大学生のテレビ離れ
若者のテレビ離れの実態を探るため、大学生77人にアンケートを実施した。
「日常生活の中でテレビは必要か」という質問に対する農工大4年生女子の「集中せずに情報を得られる」という回答が紹介された。
6月17日毎日新聞キャンパる・聞いてみました.
大学生のテレビ離れ
若者のテレビ離れの実態を探るため、大学生77人にアンケートを実施した。
「日常生活の中でテレビは必要か」という質問に対する農工大4年生女子の「集中せずに情報を得られる」という回答が紹介された。
6月17日搜狐教育去日本留学,日本大学专业体系你该知道!理学系统:约有340个学科。
常申请的专业除了生物、化学、物理、农业等常规专业外,随着现在人对于生活质量的提高,食品科学也成为了广大学子偏爱的专业。
开设院校:北海道大学、东京农工大学、东京海洋大学等
※中国語記事。留学先として日本の大学を紹介する記事の中で、東京農工大学が掲載される。
6月15日朝日新聞Around Tokyo
「女性活躍社会へ」講演
男女共同参画週間に合わせ、、宮浦千里・東京農工大副学長が「女性が活躍する社会に向けて」をテーマに講演する。
6月15日朝日新聞「女性が活躍する社会へ」 講演や体験講座男女共同参画週間に合わせ、宮浦千里・東京農工大副学長が「女性が活躍する社会に向けて」をテーマに講演する。

掲載年月日媒体名記事(番組)表題記事(番組)概要
6月14日読売新聞東京新大学野球連盟・春季入れ替え戦東京電機大9-4東京農工大
6月14日農業協同組合新聞シリーズ:どうするこの国のかたち
まちづくりの起点は 市民一体の農業振興 (神奈川県秦野市 古谷 義幸 市長)
神奈川県秦野市 古谷 義幸 市長のインタビュー記事。聞き手は梶井功・東京農工大学名誉教授。
6月14日JAPON INFOSDes restes humains ont été retrouvés dans l’estomac de l’ours suspecté d’avoir fait 4 victimes Selon Shinsuke Koike, professeur associé à l’Université de l’Agriculture et de la Technologie de Tôkyô, « Comme les humains sont de grands mammifères, les ours noirs d’Asie ont tendance à ne pas les attaquer intentionnellement. […] Les ours sont actifs à cette période de l’année car ils élèvent leurs petits et ont tendance à tomber sur des humains quand ils sont eux aussi en train de chercher des pousses de bambou et des légumes de montagne«
※フランス語記事。4人の犠牲者が出たクマ事故に関する記事で、東京農工大の小池伸介准教授のコメントが紹介される。
6月13日THE PAGEカタクチイワシの約8割から検出、懸念されるマイクロプラスチックとは昨年、東京農工大学農学部環境資源科学科の高田秀重教授の研究グループが、東京湾で捕獲したカタクチイワシの消化管からマイクロプラスチックを検出したと発表。
6月13日Livedoor Newsカタクチイワシの約8割から検出、懸念されるマイクロプラスチックとは昨年、東京農工大学農学部環境資源科学科の高田秀重教授の研究グループが、東京湾で捕獲したカタクチイワシの消化管からマイクロプラスチックを検出したと発表。
6月13日Yahoo!映像トピックスカタクチイワシの約8割から検出、懸念されるマイクロプラスチックとは昨年、東京農工大学農学部環境資源科学科の高田秀重教授の研究グループが、東京湾で捕獲したカタクチイワシの消化管からマイクロプラスチックを検出したと発表。
6月13日グノシーカタクチイワシの約8割から検出、懸念されるマイクロプラスチックとは昨年、東京農工大学農学部環境資源科学科の高田秀重教授の研究グループが、東京湾で捕獲したカタクチイワシの消化管からマイクロプラスチックを検出したと発表。
6月13日dmenuカタクチイワシの約8割から検出、懸念されるマイクロプラスチックとは昨年、東京農工大学農学部環境資源科学科の高田秀重教授の研究グループが、東京湾で捕獲したカタクチイワシの消化管からマイクロプラスチックを検出したと発表。
6月13日MY J:COMカタクチイワシの約8割から検出、懸念されるマイクロプラスチックとは昨年、東京農工大学農学部環境資源科学科の高田秀重教授の研究グループが、東京湾で捕獲したカタクチイワシの消化管からマイクロプラスチックを検出したと発表。
6月12日Jiji.com男女別なく実力で登用を=選挙で風当たり実感-自民・吉川有美参院議員インタビュー本学大学院卒業の吉川有美(よしかわ・ゆうみ)参院議員のインタビュー
6月11日日本経済新聞クマ防衛策 音が出るもの携帯、後ずさりで逃げる 東京農工大の小池伸介准教授(生態学)が、クマの生態や遭遇した時の対策についてコメントしている。
6月11日日本種苗新聞未来に向けた農業
カギ握る大学研究室
東京農工大学①
「除草」ではなく「抑草」 ヘアリーベッチ アレロパシー因子を究明
6月10日農業協同組合新聞農業協同組合研究会 第12回研究大会農業協同組合研究会(会長=梶井功東京農工大名誉教授)は5月28日、東京都内で改正農協法と農協合併について、報告とディスカッションを行った。
6月10日ニュース読売報知クマ襲撃か、秋田で4人目死者…生息域広がる東京農工大の小池伸介准教授(生態学)が、クマの生態についてコメントしている。
6月10日毎日新聞秋田のクマ襲撃
4人目犠牲 山菜採り女性か
東京農工大の小池伸介准教授(生態学)が、クマの生態についてコメントしている。
6月10日毎日新聞クマ襲撃
4人死亡 専門家「同一個体か」 秋田
東京農工大の小池伸介准教授(生態学)が、クマの生態についてコメントしている。
6月10日exciteニュースクマ襲撃
4人死亡 専門家「同一個体か」 秋田
東京農工大の小池伸介准教授(生態学)が、クマの生態についてコメントしている。
6月10日mixiニュースクマ襲撃
4人死亡 専門家「同一個体か」 秋田
東京農工大の小池伸介准教授(生態学)が、クマの生態についてコメントしている。
6月10日gooニュースクマ襲撃
4人死亡 専門家「同一個体か」 秋田
東京農工大の小池伸介准教授(生態学)が、クマの生態についてコメントしている。
6月10日niftyニュースクマ襲撃
4人死亡 専門家「同一個体か」 秋田
東京農工大の小池伸介准教授(生態学)が、クマの生態についてコメントしている。
6月10日TCOMニュースクマ襲撃
4人死亡 専門家「同一個体か」 秋田
東京農工大の小池伸介准教授(生態学)が、クマの生態についてコメントしている。
6月9日テレビ静岡みんなのニュースしずおか東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
6月9日Livedoor News【大学受験】東大主催の主要大学説明会2016…全国7都市で57大学東京大学主催の「主要大学説明会2016」が、仙台・札幌・東京・福岡・名古屋・広島・大阪の全国7都市で7月から9月にかけて開催される。本学は協賛している。
6月9日NatureSmart foods for an aging populationSpotlight on Food Science in Japanで本学の木村郁夫特任准教授のインタビューが紹介される
6月9日dot.初めて育てるブルーベリー 知っておきたいQ&A農学部の伴 琢也准教授が、ブルーベリーの特徴と魅力をQ&A形式で解説した。
6月8日電気新聞環境省検討会、減容処理後の汚染土壌資材化に道筋環境省は7日、「中間貯蔵除去土壌等の減容・再生利用技術開発戦略検討会」(座長=細見正明・東京農工大学大学院教授)の第4回会合を都内で開いた。
6月8日考研頻道东华大学外语学院2016年第一届大学生夏令营活动通知英语方向与美国加州大学伯克利分校、新墨西哥州立大学、英国威斯敏斯特大学等互派交流生,日语方向与日本明治大学、东京农工大学、金泽大学、同志社大学等多所知名大学建立了合作交流关系,每年选派优秀研究生出国留学。
※中国語記事。本学姉妹校協定締結校の東華大学のサマーキャンプを紹介する記事の中で、本学が紹介される。
6月7日光文社VERY夏休みは子供と大学に行こう本学科学博物館で開催する「子供科学教室」を紹介
6月7日日刊工業新聞工作機械技術の表彰・助成決定工作機械技術振興財団が決定した「第37次工作機械技術振興賞」と「試験研究助成」の論文賞として、「薄板加工におけるびびり振動抑制用動吸振器の設計方法に関する研究」(本学 笹原弘之ほか)が紹介された
6月7日読売新聞City Lifeミュージアムへ行こう
東京農工大科学博物館
繊維産業支えた自動織機
6月6日ラジオNIKKEI健康ネットワーク寺尾啓二の「研究者コラム」
6月6日静岡新聞動画で事故防止
子供飛び出し 予測を
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料がARで放映
6月6日静岡県警ホームページ通学路における子供の飛び出し東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
6月5日NHKNHKサイエンスゼロニャンとビックリ!科学で探る ネコとヒトとの優しい関係
6月5日日本テレビ真相報道バンキシャ!東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
6月4日産経ニュース九州などで梅雨入り 気象庁、土砂災害への警戒呼び掛け東京農工大の石川芳治教授は「亀裂から水が入ると崩れやすくなる。震源域で近くに崖がある場合、草木で亀裂が見えないこともあるので警戒区域でなくても早めの避難が必要」と話している。
6月4日TBSラジオ久米宏 ラジオなんですけど「パナマ病」でバナナ絶滅の危機?
6月3日しんぶん赤旗海水中の微小プラスチック
魚の赤ちゃんの脅威に
対策取らねば起こる可能性
6月2日TBSあさチャン!秋田県におけるクマの人身事故ついて、小池伸介准教授がクマの生態から解説
6月1日静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」  (静岡県域放送)東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
6月1日高校生新聞【大学ニュース】文系人気上昇 学部再編の影響も昨年から新教育課程に移行し、センター試験の理科の出題範囲が広くなった影響として、東京農工大学が例に挙げられた。
6月1日東京新聞笑いを楽しむ 大学対抗 大喜利選手権立教大学落語研究会vs東京農工大学落語研究会

5月

2016年5月に新聞等で報道された本学の取組についてのご案内です。
(研究者ページは別ウィンドウで開きます)

掲載年月日媒体名記事(番組)表題記事(番組)概要
5月31日J-CASTニュース東京湾の魚8割に「マイクロプラスチック」人間が食べても大丈夫なの?東京農工大学などの調査で、カタクチイワシ64匹中49匹からプラスチックが検出された。
5月31日Livedoor News東京湾の魚8割に「マイクロプラスチック」人間が食べても大丈夫なの?東京農工大学などの調査で、カタクチイワシ64匹中49匹からプラスチックが検出された。
5月31日農業協同組合新聞"合併"のあり方討議 県1JA化の一方で連合も 農協研究会農業協同組合研究会(会長=梶井功東京農工大名誉教授)は5月28日、東京都内で改正農協法と農協合併について、報告とディスカッションを行った。
5月31日福島民報薬師寺奉納米田植え 塩川 風評払拭の願い込め 法相宗大本山薬師寺(奈良市)への奉納米の田植えに薬師寺の青年衆として、東京農工大大学院1年の竹内由季恵さん(22)が参加した。
5月30日福島民友ニュース「薬師寺奉納米」手植えで汗 喜多方の専用田、青年衆も参加法相宗大本山薬師寺(奈良市)への奉納米の田植えに薬師寺の青年衆として、東京農工大大学院1年の竹内由季恵さん(22)が参加した。
5月29日朝日新聞駅前シェアサイクル 快走
中央線4駅 登録1万人超す
スイクルは、JR東日本グループでは初のシェアサイクルとして13年11月に東京農工大(小金井市)などで開業したことが紹介される。
5月29日朝日新聞デジタル東京)JR中央線でシェア自転車「スイクル」広がるスイクルは、JR東日本グループでは初のシェアサイクルとして13年11月に東京農工大(小金井市)などで開業したことが紹介される。
5月28日Sippo by Asahi Shimbun診察室から犬より猫を飼うのが「楽」?  犬とは違う苦労もあります
5月28日リビングむさしの行ってみたい!大学・専門学校の魅力的な施設・イベント繊維産業の歴史を変えた機会を間近でみられる 東京農工大学小金井キャンパス 科学博物館 本館
5月26日Record Chinaこれが日本人の農業に対する姿勢!大根抜きロボットスーツの開発に中国ネットは「大根抜きではないことに使用したらと考えると恐ろしくなる」中国のポータルサイト・今日頭条が、東京農工大の遠山茂樹教授らが開発した大根抜きを補助するロボットスーツについて紹介する記事を掲載したことが紹介された。
5月26日週刊アスキー達人に教わるスタートアップ営業・PR・経営の知恵832016年2月22日に開催した、アスキー スタートアップの講義型セミナーイベントで森下麻由美氏(東京農工大学大学院生物制御科学科卒業)が講演したことが紹介される
5月26日新潟日報オピニオン 日報抄 東京農工大のチームによると、東京湾で捕れたカタクチイワシの8割近くの内臓から検出されたことが紹介される
5月26日ニコニコニュース達人に教わるスタートアップ営業・PR・経営の知恵832016年2月22日に開催した、アスキー スタートアップの講義型セミナーイベントで森下麻由美氏(東京農工大学大学院生物制御科学科卒業)が講演したことが紹介される
5月25日Livedoor News公金・不倫…高学歴な疑惑の人たち 釈明偏差値は? 出身大学別に検証「ゲスの極み乙女。」川谷絵音氏が東京農工大学工学部出身であることが紹介された。
5月25日WAOW.comBreakdown of Biodegradable Plastics in Ocean 'Extremely Slow,' UN Report SaysLittle bits of plastic, known as microplastics, collected from Tokyo Bay are shown by a research team of the Tokyo University of Agriculture and Technology in this undated photo.
5月25日テレビ朝日スーパーJチャンネルバナナパナマ病の発生状況や防除方法について農学研究院有江力教授がコメントした
5月25日東洋経済臨時増刊 本当に強い大学2016本当に強い大学総合ランキング
国際競争を勝ち抜けるか
大学四季報
5月24日ABC NewsBreakdown of Biodegradable Plastics in Ocean 'Extremely Slow,' UN Report SaysAP Photo
Little bits of plastic, known as microplastics, collected from Tokyo Bay are shown by a research team of the Tokyo University of Agriculture and Technology in this undated photo.
5月24日auparfumLes odeurs du numériquePlus poussé encore, Smelling Screen est un projet développé par Haruka Matsukura et Hiroshi Ishida de la Tokyo University of Agriculture and Technology.
※フランス語記事。香りに関する記事の中で、石田研究室で開発したsmelling screen(匂いを出すスクリーン)が紹介される。
5月24日The Truth 24.infoBreakdown of Biodegradable Plastics in Ocean 'Extremely Slow,' UN Report SaysLittle bits of plastic, known as microplastics, collected from Tokyo Bay are shown by a research team of the Tokyo University of Agriculture and Technology in this undated photo.
5月23日テレビ朝日ワイドスクランブル連日のように相次いでいるクマの目撃情報やクマの被害について、小池伸介准教授がクマの生態から解説
5月23日日経BPインタビュー/はいこちら環境・CSR日本コカ・コーラ労働安全衛生・環境サステナビリティ部長・柴田 充 氏「環境の仕事は天職 震災で使命を実感」
5月20日BLOGS五感で探る!環境汚染の法則性 / 環境汚染化学・高田秀重氏インタビュー東京農工大の高田秀重教授のインタビュー
5月20日CBCラジオ多田しげおの気分爽快~朝からP.O.Nバナナを脅かす”新パナマ病”とは?
農学研究院有江力教授が電話生出演し、バナナ新パナマ病について解説した
5月20日NEWSALTリチウムイオン電池を超える「革新型蓄電池」 30機関が共同開発NEDOがスタートさせたリチウムイオン電池の性能を超える革新型蓄電池の共通基盤技術の共同開発に、東京農工大学が参加していることが紹介された。
5月20日SYNODOS五感で探る!環境汚染の法則性 / 環境汚染化学・高田秀重氏インタビュー東京農工大の高田秀重教授のインタビュー
5月20日科学新聞化学物質を利用 コケに防御システム存在東大・農工大グループが発見
5月19日47ニュース「八升豆」緑のカーテンに 中央農高が富山商高に苗提供中央農高は、東京農工大の 藤井義晴教授から種子の提供を受けたことが紹介される。
5月18日日経産業新聞段差乗り越える車いす 電動式の補助装置開発東京農工大 電動式の補助装置開発
5月18日日本経済新聞東京農工大 段差乗り越える車いす 電動式の補助装置開発東京農工大学の和田正義准教授と大学院生の宗方宥さんらは車いすで段差を乗り越えたり、狭い場所で旋回したりするのを補助する電動式装置を開発した。
5月17日NHK NEWS WEBNews Up バナナ脅かす「新パナマ病」 その正体はバナナパナマ病の発生状況や防除方法について農学研究院有江力教授がコメントした
5月17日Rikejoリケイでよかった!!Enjoy! Campus Life Vol.39本学学生の川島実紗さんが取り上げられる
5月17日生物道清华大学Cell子刊揭示植物信号新机制清华大学的研究人员证实,双功能转录因子AtYY1是拟南芥脱落酸(ABA)反应网络一个新的负调控因子。这一研究发现发布在5月的《Molecular Plant》杂志上。 清华大学的刘进元(Jin-Yuan Liu)教授是这篇论文的通讯作者(1983-1988 东京农工大学 硕士 博士)
※中国語記事。本学卒業生で現清華大学教授の研究成果が紹介される。
5月14日蛍雪時代6月号ユニバーシティ・ミュージアムに行こう!東京農工大学 科学博物館
生糸や絹織物、化学繊維に至る繊維に関する第一級の博物館
5月14日読売新聞モダンな姿披露…東京農工大、本館など改修終了東京農工大学(府中市)で11日、改修工事を終えた国の登録有形文化財である農学部本館・講堂のお披露目会が開かれ、ライトで照らし出された。
5月13日iamFunai continues to explore patent monetisation options with IP Bridge deal The assets cover technology relating to human interaction with electronic display systems, and were originally assigned to the Tokyo University of Agriculture and Technology before being transferred to Funai in January 2011.
5月13日フジテレビジョンみんなのニュース東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
5月13日読売新聞東京農工大改修 昭和モダンの光東京農工大学(府中市)で11日、改修工事を終えた国の登録有形文化財である農学部本館・講堂のお披露目会が開かれ、ライトで照らし出された。
5月13日読売新聞東京農工大改修 昭和モダンの光東京農工大学(府中市)で11日、改修工事を終えた国の登録有形文化財である農学部本館・講堂のお披露目会が開かれ、ライトで照らし出された。
5月12日捜孤教育民间排名:S级到F级的日本大学是哪些?4C级大学-国内次一流大学
【C2】:埼玉大学 新泻大学 静冈大学 中央大学奈良女子大学 东京海洋大学 东京农工大学 九州工业大学 横滨市立大学 大阪府立大学 京都教育大学 名古屋市立大学 学习院大学 立命馆大学
※中国語記事。日本の大学ランキングの中で、農工大が紹介される。
5月11日QUIANJIA同遇倒闭潮 中日LED企业命运为何截然不同?日机装与日本名城大学有深度合作关系,以共同研究的形式接受2014年诺贝尔物理学奖得主赤崎勇和天野浩的指导。德山与东京农工大学组成了联合研究小组,又与日本信息通信研究机构共同攻克科研项目。
※中国語記事。中国と日本のLED産業についての記事の中で、本学の共同研究が紹介される。
5月10日EconomiAkuntabilitas dan Transparasi Proyek Infrastruktur Jangan Diabaikan Hasil survey investigasi yang buruk menghasilkan desain yang buruk pula,” kata doktor lulusan Tokyo University of Agriculture and Technology, Jepang ini.
※インドネシア語記事。インフラ設備に関する記事の中で、農工大卒のドクターのコメントが紹介される
5月10日朝日新聞デジタルゲスの極、川谷不倫学び?1年未満の結婚を“卒業”川谷絵音氏の経歴の中で、東京農工大工学部応用分子化学科卒であることが紹介される
5月10日朝日新聞デジタル野生の桜分布、ツキノワグマが一役 森林総研が解明日本の山地に広く分布する野生の桜、カスミザクラが低地から高地へ分布域を広げるのにツキノワグマが大きく貢献しているとする研究成果を森林総合研究所(茨城県つくば市)などのチームがまとめた。
5月10日日刊スポーツゲスの極、川谷不倫学び?1年未満の結婚を“卒業”川谷絵音氏の経歴の中で、東京農工大工学部応用分子化学科卒であることが紹介される
5月10日読売新聞こども広場
魚の体内にあるマイクロビーズとは何だ?
東京農工大学のグループが東京湾で釣ったカタクチイワシを調べたところ、体の中からマイクロビーズが見つかったことが紹介される
5月9日日本経済新聞先輩に聞く 失敗から学ぶ青色LED開発でノーベル賞 中村修二さん
5月8日TBSピラミッドダービー工学研究院篠原和子教授が、長さを推測する協議で対戦する4人の競技者のうちだれが勝つかの予測をし、その推論過程を、空間認知研究の知見を使って説明した
5月6日NHK名古屋放送局ニュース番組「ほっとイブニングみえ」 (三重県域放送)東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
5月5日ニコニコニュース「母の形見も捨てられた」家賃滞納で「追い出し屋」が家財道具処分…被害実態を聞く取材協力弁護士の林 治(はやし・おさむ)弁護士が東京農工大工学部卒。
5月5日弁護士ドットコム「母の形見も捨てられた」家賃滞納で「追い出し屋」が家財道具処分…被害実態を聞く取材協力弁護士の林 治(はやし・おさむ)弁護士が東京農工大工学部卒。
5月3日EconomiIndustri Kelautan dan Perikanan Butuh Banyak SDM Handal“Persoalan lainnya, persebaran perguruan tinggi negeri di bidang kelautan dan perikanan terkonsentrasi di Pulau Jawa. Kualitas pendidikan juga sangat timpang antar wilayah,” kata doktor lulusan Tokyo University of Agriculture and Technology ini.
※インドネシア語記事。海洋、漁業に関する記事の中で、農工大博士課程卒業生のコメントが紹介される。
5月3日Livedoor News東京・小平発『ブルーベリーカレー』に秘められたグッとくる話1968年に東京農工大学の岩垣教授が、アメリカから持って帰ったブルーベリーの木を小平市で植樹したことが紹介される
5月3日読売新聞「花咲かクマさん」、桜の実を食べ分布域キープ春山を彩る野生のサクラ「カスミザクラ」の実をツキノワグマが食べることで、種が山の高い場所に運ばれていることがわかったと、森林総合研究所(茨城県つくば市)や東京農工大などのチームが発表した。
5月2日静岡県警ホームページ高校生の自転車の無理な横断東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
5月2日静岡新聞動画で事故防止
危険潜む自転車運転
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料がARで放映
5月2日読売新聞桜咲かす「花咲かクマさん」身を食べ高地へ分布域を守る春山を彩る野生のサクラ「カスミザクラ」の実をツキノワグマが食べることで、種が山の高い場所に運ばれていることがわかったと、森林総合研究所(茨城県つくば市)や東京農工大などのチームが発表した。
5月1日大学ジャーナルオンライン筑波大学にS評価、大学の世界展開力強化事業中間総括日本学術振興会が2013年度に採択した大学の世界展開力強化事業の中間評価結果が発表され、東京農工大学はA評価であったことが紹介

4月

2016年4月に新聞等で報道された本学の取組についてのご案内です。
(研究者ページは別ウィンドウで開きます)

掲載年月日媒体名記事(番組)表題記事(番組)概要
4月30日毎日新聞熊本地震:土砂崩れ想定外 国の基準満たさず指定見送る16日の本震後に高野台団地周辺を調査した東京農工大の石川芳治教授のコメントが紹介される
4月29日週刊実話東京湾“イワシの内臓”が警告する環境ホルモンと精子激減の関連性ゴミとして海に浮遊する5ミリ以下の大きさの微細なプラスチックが、東京湾のカタクチイワシの8割近くの内臓から検出された、と東京農工大の高田秀重教授らのチームが発表したことが紹介される
4月29日Livedoor News東京湾“イワシの内臓”が警告する環境ホルモンと精子激減の関連性ゴミとして海に浮遊する5ミリ以下の大きさの微細なプラスチックが、東京湾のカタクチイワシの8割近くの内臓から検出された、と東京農工大の高田秀重教授らのチームが発表したことが紹介される
4月29日リアルライブ東京湾“イワシの内臓”が警告する環境ホルモンと精子激減の関連性ゴミとして海に浮遊する5ミリ以下の大きさの微細なプラスチックが、東京湾のカタクチイワシの8割近くの内臓から検出された、と東京農工大の高田秀重教授らのチームが発表したことが紹介される
4月28日NHK名古屋放送局ニュース番組「ほっとイブニング」 (愛知・岐阜・三重)東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
4月28日健康メディア.com乳酸菌「ロイコ菌」由来多糖の抗肥満効果を確認
農芸化学会で発表
日東薬品工業㈱との共同研究成果として、乳酸菌「ロイコ菌」由来多糖の抗肥満効果が発表されたことが紹介
4月27日毎日新聞微細プラスチック .
東京湾のイワシから 海への流出防止を
ごみとして海に浮遊する5ミリ以下の大きさの微細なプラスチックを、東京湾で捕れたカタクチイワシの8割近くの内臓から検出したとの調査結果を、東京農工大の高田秀重教授らのチームがまとめた。
4月27日毎日新聞微細プラスチック .
東京湾のイワシから 海への流出防止を
ごみとして海に浮遊する5ミリ以下の大きさの微細なプラスチックを、東京湾で捕れたカタクチイワシの8割近くの内臓から検出したとの調査結果を、東京農工大の高田秀重教授らのチームがまとめた。
4月27日ニッケイ新聞森林農法普及に手応えあり=JICA草の根技術協力=普及認証計画無事に終了同計画の発起人である東京農工大学大学院・山田祐彰准教授のコメントが掲載
4月26日Sueddeutsche ZeitungBären-Dienst für die Kirschblüte Dort ausgeschieden landen die Samen mitunter an Plätzen, die ein geeigneteres Klima für ihren Wuchs bieten, so berichtet das Team um den Professor für Forstbiologie, Shinsuke Koike, von der Universität Tokio.
※ドイツ語記事。野生のサクラの種をツキノワグマが山の高い場所に運ぶことに関する研究結果が紹介される。
4月26日搜狐教育 选校参考 大企业就业率高的日本大学TOP50下图是来自《SUNDAY每日》的毕业生在大企业就业率较高的大学排行榜。下面来看看大企业就业率高的日本大学TOP50:24. 东京农工大学(236人)
※中国語記事。日本の大学の大企業就職率ランキングで農工大が24位であることが紹介される。
4月25日ScienceHow bears help trees climb mountains野生のサクラの種をツキノワグマが山の高い場所に運ぶことに関する研究結果が紹介される
4月25日Scientific AmericanClimbing Bears Help Plants Keep Cool野生のサクラの種をツキノワグマが山の高い場所に運ぶことに関する研究結果が紹介される
4月25日New ScientistBear dung helps Japanese cherry trees survive climate change野生のサクラの種をツキノワグマが山の高い場所に運ぶことに関する研究結果が紹介される
4月25日Atlas ObscuraWhy Bears Will Save Cherries From Climate Change But Not Apples野生のサクラの種をツキノワグマが山の高い場所に運ぶことに関する研究結果が紹介される
4月25日Eurek Alart!Can mountain-climbing bears rescue cherry trees from global warming? 野生のサクラの種をツキノワグマが山の高い場所に運ぶことに関する研究結果が紹介される
4月25日東京新聞公開講座「健康スポーツ講座【テニス・基礎編】」公開講座の案内を掲載
4月25日大学ジャーナルオンライン筑波大学と国際基督教大学が連携協定を締結 キャンパス機能の共有や留学協力もICU がすでに提携を結んでいる大学として東京農工大学が紹介される
4月22日科学新聞科学技術分野の文部科学大臣表彰受章者一覧の中で、本学の中川正樹教授が掲載される
4月22日科学新聞科学技術分野の文部科学大臣表彰
若手科学賞
受章者一覧の中で、本学の木村郁夫特任准教授杉浦慎哉准教授中本圭一准教授が掲載される
4月20日うれぴあ総研これ、知ってた? 「リカちゃん人形」と「バービー人形」の意外な共通点東京農工大学の守一雄教授らによる、「ニセ数学嫌い」をあぶり出す調査(FUMIEテスト)に言及
4月20日毎日新聞雨予想、厳戒再び…阿蘇山周辺、強震で地盤緩む土砂崩れがあった南阿蘇村などを視察した東京農工大大学院の石川芳治教授(砂防学)は、斜面に入った亀裂を確認した
4月20日Livedoor News就職ジャーナル
株式会社ユーグレナ | 理系のシゴトバ
社員の鈴木秀幸さんが東京農工大学工学部生命工学科で、遺伝子工学を専攻していたことが紹介される
4月20日BSフジプライムニュース
『自動運転・燃料電池車 日本のクルマの未来は』
日本自動車研究所所長の永井正夫(本学名誉教授)がゲスト出演 
4月19日NHK NEWS
WEB
“火山地質と1週間以上前の雨で大規模崩壊の可能性”東京農工大学大学院の石川芳治教授が、地震で土砂災害が相次いだ熊本県南阿蘇村で、現場の状況を調査
4月18日netsfrauenStudien: Mikroplastik in Speisefischen und Pflanzenfressern – Austern: weniger Nachkommen!Die Forschungsgruppe von professor Hideshige Takada von der Tokyo University of Agriculture and Technology zeigte sich beunruhigt über das besorgniserregende Ausmaß der Verschmutzung in den japanischen Gewässern.
※ドイツ語記事マイクロプラスチックについての高田秀重教授の調査結果が紹介される
4月17日スポニチ
Annex
阿蘇大橋谷底へ 火山灰の蓄積層「表層崩壊」か地震で土砂災害が相次いだ現地を見た東京農工大大学院石川芳治教授(砂防学)は火山灰などの堆積層が崩れた「表層崩壊」の可能性があると指摘した。
4月17日産経WEST火山灰の「表層崩壊」か…土砂崩れ多発の南阿蘇村 今後も発生の恐れ地震で土砂災害が相次いだ現地を見た東京農工大大学院の石川芳治教授(砂防学)は、火山灰や「スコリア」と呼ばれる細かい石の堆積層が崩れた「表層崩壊」の可能性があると指摘した。
4月17日テレビ朝日ビートたけしのTVタックル東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
4月14日大学ジャーナル
オンライン
2016年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 受賞者発表「科学技術賞 開発部門」では、「タブレットの手書きユーザインタフェースの開発」を行った中川正樹氏(東京農工大学大学院工学研究院教授)など32件が受賞。
4月13日日本テレビニュース番組「every」農学研究院 環境資源科学科の高田秀重教授の研究内容
4月13日テレビ朝日ニュース番組「グッド!モーニング」農学研究院 環境資源科学科の高田秀重教授の研究内容
4月13日公明新聞世界をリードする 「理工系人材」の育成を専門性を発揮できる技術・思考の養成必要
岩田陽子東京農工大学准教授に聞く
4月13日公明新聞世界をリードする 「理工系人材」の育成を専門性を発揮できる技術・思考の養成必要
岩田陽子東京農工大学准教授に聞く
4月12日農機新聞AMF研究機構(仮称)を設立AMI事務局長を務める東京農工大学大学院農学研究員農業環境工学部門の澁澤栄教授の講演が紹介される
4月12日日本テレビニュース番組「ZERO」

農学研究院 環境資源科学科の高田教授の研究内容
4月11日One Green PlanetYikes! More Proof That if You Eat Seafood, You’re Eating Plastic…A recent study conducted by researchers at Tokyo University of Agriculture and Technology revealed that 80 percent of the anchovies found in the Tokyo bay had microplastics, bits of plastic between 0.1 and one millimeter in size, in their digestive system.
4月10日日本経済新聞東京湾のイワシの内臓 8割に微細プラごみ日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月10日BSジャパン運命の日
4月9日The Japan TimesMicro-plastic found in digestive systems of Tokyo Bay fishNearly 80 percent of Japanese anchovy caught during a survey of Tokyo Bay had plastic waste inside their digestive systems, according to the research team who conducted the study. The group is led by professor Hideshige Takada of the Tokyo University of Agriculture and Technology.
4月9日東京新聞おなかに東京湾のごみ イワシ8割から微細プラスチック 東農工大調査 生態系に影響東京農工大の高田秀重教授らのチームの調査結果
4月9日共同通信イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日新潟日報イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日山陰中央新報イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日愛媛新聞ONLINEイワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初東京農工大の高田秀重教授らのチームの調査結果
4月9日山陽新聞イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日上毛新聞
ニュース
イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初東京農工大の高田秀重教授らのチームの調査結果
4月9日南日本新聞社イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日西日本新聞イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日大阪日日新聞イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日四国新聞社イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日徳島新聞イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日河北新報イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日長崎新聞イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日中日新聞イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日琉球新報イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日日本経済新聞イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日福井新聞イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日沖縄タイムス+イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日千葉日報イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日日本海新聞イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日信毎webイワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日宮崎日日新聞イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日岩手日報イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日くまにちコムイワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日秋田魁新報
電子版
イワシの8割からプラごみ 東京湾で、国内初日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日どうしんウェブイワシの8割からプラごみ検出 東京湾で調査日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日福島民報イワシの8割からプラごみ日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日佐賀新聞イワシの8割からプラごみ日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日東京新聞イワシ8割から微細プラスチック おなかに東京湾のごみ日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日中日新聞微細プラが生態系に影響も 東京湾のイワシ、8割の内臓に日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月9日日刊スポーツ東京湾のカタクチイワシ8割からプラスチックごみ日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月7日日刊工業新聞個性を活かす・国立大学改革 東京農工大学学長・松永是氏 国立大学改革に対する松永学長のインタビュー記事
4月7日日刊工業新聞個性を活かす・国立大学改革 東京農工大学学長・松永是氏 国立大学改革に対する松永学長のインタビュー記事
4月4日静岡県警ホームページドライブレコーダーの映像が御覧になれます。東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
4月4日静岡新聞ドライブレコーダーの映像が御覧になれます。東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料がARで放映
4月3日BSジャパン運命の日未来の航空・宇宙技術を競う「種子島ロケットコンテスト」の東京農工大チームを紹介
4月2日読売新聞微小ビーズ、海で魚の体内に…洗顔料の研磨剤日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームのの調査で分かった。
4月2日読売新聞微小ビーズ、海で魚の体内に…洗顔料の研磨剤日本近海で魚の体内や海水から、「マイクロビーズ」が相次いで発見されたことが、環境省や東京農工大高田秀重教授らのチームの調査で分かった。
4月2日朝日新聞
デジタル
土曜「考える」【Opinion北海道】シマフクロウ餌付けなぜ駄目か
4月1日aff特集Ⅰ 今、農学部が熱い!
特集Ⅱ 大学は美味しい!!農学部編
キャンパスライフをのぞいてみました!!~農工大のノケジョは牛と仲良し~
4月1日リセマム米国の最新教育ICT動向を紹介、JEPAセミナー4/27「教育ICT:アメリカ最新動向2016」開催案内。講師は東京農工大学総合情報メディアセンター客員准教授である石坂芳実氏。
4月1日神戸新聞
NEXT
兵庫県出身大学生の“家”リニューアル 尚志館兵庫県出身の大学生が暮らす男子寮に対して、4月から東京農工大で学ぶ丸谷敦哉さん(18)のコメントが掲載
4月1日科学新聞航空機への気象影響防御JAXAコンソーシアム設立の参加機関として東京農工大が掲載