グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


ホーム  >  イベント  > 第13回 日本有機農業学会(東京)大会・総会を開催します


イベント情報

第13回 日本有機農業学会(東京)大会・総会を開催します


2012年12月8日(土)~12月9日(日)


第13回 日本有機農業学会(東京)大会・総会を、下記のとおり、開催いたします。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

■ 日時:2012年12月8日(土)~12月9日(日)
■ 会場:東京農工大学 府中キャンパス
■プログラム:

12月8日(土)  農学部講堂

9時50分~10時00分開会挨拶
10時00分~12時30分全体セッション(1) 
「有機農業推進法成立からの6年を振り返る」
コーディネーター:谷口 吉光氏(秋田県立大学)、大江 正章氏(コモンズ)

報告
1.「有機農業推進法制定から6年間の政策過程の検証」 本城 昇氏(埼玉大学)
2.「東北地方における有機農業の展開」 長谷川 浩氏(福島有機農業ネットワーク)、谷口 吉光氏
3.「九州地方における有機農業の展開」 岩元 泉氏(鹿児島大学)
4.「有機農業推進行政の現場から:6年間を振り返って」 栗原 眞氏(農研機構・生研センター)
ディスカッション:有機農業推進法成立からの6年をどう総括するか
コメンテーター:有機農業推進議員連盟(予定)、農水省担当官、中島 紀一氏
13時20分~16時20分 全体セッション(2)
「有機農業現場における新技術利用の可能性-農業現場と研究機関のコラボレーション」
コーディネーター:嶺田 拓也氏((独)農研機構 農村工学研究所)、木村園子ドロテア氏(東京農工大学)

報告
1.「耕すことと耕さないことで農耕地はどうかわるのか?」 小松崎 将一氏(茨城大学)
2.「日本と東南アジアにおけるバイオ肥料の開発研究の実際とその農業普及への問題点」 横山 正氏(東京農工大学)
3.「生物多様性は本当に害虫制圧に機能するのか?-有機農業での現場の取り組みを振り返る-」 日鷹 一雅氏(愛媛大学)
4.「アレロパシーを利用した有機農業、特にヘアリーベッチとハッショウマメの今後の利用について」 藤井 義晴氏(東京農工大学)
コメンテーター:松沢 政満氏(有機農家)、新美 洋氏(農研機構・九州沖縄農業研究センター)
16時30分~18時15分 全体セッション(3)
「耕す市民を育てる現場から」
コーディネーター:小口 広太氏(明治大学大学院)

報告
石坂 昌子氏(石坂ファームハウス・日野市)
金子 晃氏(三鷹オーガニック農園・三鷹市)
高坂 勝氏(たまにはTSUKIでも眺めましょ・池袋)
18時30分~20時30分懇親会

12月9日(日)   第一講義棟

9時00分~10時00分総会                           
10時00分~12時00分個別報告                                       
12時30分~13時30分ポスター報告                                 
13時30分~16時00分個別報告                                                                                                            

■ お問い合わせ:
 東京農工大学大学院農学研究院准教授 木村園子ドロテア
 TEL:042-367-5952
 E-mail:skimura(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp