グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


ホーム  >  ニュース  > ポンサトーン ラクシンチャラーンサク准教授が「堀場雅夫賞」を受賞


ニュース

ポンサトーン ラクシンチャラーンサク准教授が「堀場雅夫賞」を受賞


工学研究院 先端機械システム部門 ポンサトーン ラクシンチャラーンサク准教授が「堀場雅夫賞」を受賞することが2016年7月26日(火)に決定しました。受賞記念セミナーならびに授賞式は、10月17日(月)京都大学 芝蘭会館にて執り行われます。

■受賞名
堀場雅夫賞

■受賞概要
受賞題目:リスク予測運転知能モデルに基づく協調型運転支援システム
賞の概要:HORIBAグループによる社外対象の研究奨励賞。画期的な分析・計測技術の創生が期待される研究開発に従事する国内外の研究者・技術者を支援し、科学技術における計測技術の地位をより一層高めることに貢献しようというもの。2016年度のテーマは「自動運転社会を支える計測技術」。

堀場雅夫賞詳細(別ウィンドウで開きます)