グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


ホーム  >  ニュース  > 大学教育再生加速プログラム(AP) 「高大接続改革推進事業」テーマ別幹事校に選定されました


ニュース

大学教育再生加速プログラム(AP) 「高大接続改革推進事業」テーマ別幹事校に選定されました


「大学教育再生加速プログラム(Acceleration Program for University Education Rebuilding : AP)」は、国として進めるべき大学教育改革を一層推進するため、教育再生実行会議等で示された新たな方向性に合致した先進的な取組を実施する大学を支援することを目的としています。
「大学教育再生加速プログラム(Acceleration Program for University Education Rebuilding : AP)」
 
東京農工大学は平成26年度の公募において、テーマⅢ「高大接続」で採択され「グローバル科学技術人材養成プログラム(「IGSプログラム(Introduction to Global Science)」)」事業を開始しています。

各テーマの選定大学における取組成果の社会への発信や、既選定校への普及などの活動を行う中核として、テーマ別幹事校の募集があり、東京農工大学がテーマⅢ「入試改革・高大接続」の採択校8校の幹事校に選ばれました。
大学教育再生加速プログラム(AP)「高大接続改革推進事業」テーマ別幹事校選定結果一覧

今後、平成31年度までの4年間、全国の大学にテーマⅢの各大学の取組の成果を発信・普及する中核として活動していきます。