グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


ホーム  >  ピックアップ  > 農工大の活動紹介


ピックアップ

農工大の活動紹介


新聞記事等で報道された本学の情報、各種受賞の情報をご覧いただけます。

メディア掲載・各種受賞など本学の活動についてのご紹介です。


受賞情報

本学の各種受賞についてのご案内です。
(研究者ページおよび受賞の詳細は別ウィンドウで開きます)

◆栄典

受賞年月日受賞名受賞者名
平成24年11月3日瑞宝重光章遠藤 章 特別栄誉教授

◆学術関係

受賞年月日受賞名受賞者名受賞概要
平成28年7月26日堀場雅夫賞工学研究院 先端機械システム部門 ポンサトーン ラクシンチャラーンサク准教授リスク予測運転知能モデルに基づく協調型運転支援システム
平成28年6月28日国際組織線溶学会・若手賞農学研究院 応用生命化学部門 鈴木絵里子助教Evaluation of the in vivo action of SMTP-7, a novel small-molecule anti-inflammatory thrombolytic for ischemic stroke
平成28年6月20日公益財団法人工作機械技術振興財団 工作機械技術振興賞(奨励賞)工学研究院 先端機械システム部門 笹原弘之教授切削加工の FEM 解析における迅速な材料特性の獲得と解析精度の向上
平成28年6月20日公益財団法人工作機械技術振興財団 工作機械技術振興賞(論文賞)工学研究院 先端機械システム部門 笹原弘之教授薄板加工におけるびびり振動抑制用動吸振器の設計方法に関する研究(精密工学会誌第81巻第2号(2015年))
平成28年6月8日日本水環境学会学術賞農学研究院 物質循環環境科学部門 高田秀重教授マーカーと新規モニタリング手法に基づく有機汚染の時空変動の把握に関する研究
平成28年6月3日情報処理学会2015年度優秀教育賞農学府・農学部 石井一夫産学官連携研究員農学系ゲノム科学領域における情報科学・統計科学教育の実践
平成28年5月27日第五回新化学技術研究奨励賞工学府応用化学専攻 敷中一洋助教非可食植物バイオマスの高純度分離に基づく環境適応型高機能素材の創製
平成28年5月19日日本ゴム協会 第7回ブリヂストンソフトマテリアルフロンティア賞生物システム応用科学府食料エネルギーシステム科学専攻 富永洋一准教授ナノ相分離構造を形成するイオン伝導性エラストマーブレンドによる新規半導電材料の開発
平成28年4月20日文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)工学研究院
中川正樹教授
タブレットの手書きユーザインタフェースの開発
平成28年4月20日文部科学大臣表彰 若手科学者賞グローバルイノベーション研究院テニュアトラック推進機構
木村 郁夫 特任准教授
食と腸内環境を起因とする肥満-生活習慣病発症分子機構研究
平成28年4月20日文部科学大臣表彰 若手科学者賞工学研究院 先端情報科学部門
杉浦 慎哉 准教授
高速無線通信システムのためのデジタル信号処理に関する研究
平成28年4月20日文部科学大臣表彰 若手科学者賞工学研究院 先端機械システム部門
中本 圭一 准教授
工作機械の自律化と機械加工支援技術の高度化に関する研究
平成28年4月5日日本農学賞・読売農学賞農学研究院
安藤哲名誉教授
昆虫行動制御物質の生物有機化学的研究と害虫防除への展開
日本農学会ホームページ
(別ウィンドウで開きます)

2015年度以前の受賞情報はこちらをご覧ください。


メディア掲載情報

2016年8月に新聞等で報道された本学の取組についてのご案内です。
(研究者ページは別ウィンドウで開きます)

掲載年月日媒体名記事(番組)表題記事(番組)概要
8月31日ヨミドクター歯垢作る虫歯菌の酵素を利用、300度の熱に耐える樹脂開発…東京農工大東京農工大学農学部(東京都府中市)の吉田誠准教授(微生物学)らは、虫歯菌の出す酵素を利用して、新しい樹脂の開発に成功したと発表した。
8月31日小田原箱根経済新聞箱根・仙石原で自然観察会と講演会 「シカとの共存」テーマに箱根・仙石原で9月4日、自然フィールド観察会と講演会が開催される。
講師の古林賢恒さんが、元東京農工大森林生物保全学研究室・元丹沢大山学術調査副団長であることが紹介される。
8月30日読売新聞虫歯菌で樹脂開発酵素利用 PET樹脂より耐熱性 東京農工大 准教授ら
8月30日読売新聞虫歯菌で樹脂開発東京農工大学農学部(府中市)の吉田誠准教授(微生物学)らは、虫歯菌の出す酵素を利用して、新しい樹脂の開発に成功したと発表した。
8月30日毎日新聞毎日落語会風雲篇
入門10年目の節目「立川こはる勉強会」/東京で人気上昇中「柳亭市弥独演会」 /愛知
立川こはるさん(33)が東京都出身で、東京農工大大学院農学教育部生物制御科学専攻中退であることが紹介される。
8月29日肖鑫鑫的犄角旮旯参加2016国际电化学协会(ISE)年会见闻相对应的,第二个让我印象深刻的报告来自于日本Tokyo University of Agriculture and Technology的Koji Sode教授。他讲的正是glucose dehydrogenase (GDH)的DET,并真正的应用于第三代葡萄糖传感器的CGM(continuously glucose monitoring)。
※中国語記事。国際電気学会に出席しての感想として、本学早出広司教授の発表に感銘を受けたことが紹介されている。
8月28日テレビ朝日トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテンクマ類による人身事故について小池准教授がクマの生態からの解説
8月26日毎日新聞大学倶楽部・立教大
3年の木島さんが山口・長門で農業体験 成果を市長に報告
大都市で生まれ育った若者をインターンシップ(就業体験)で地方派遣する国土交通省事業に今年は立教大、東海大、鳥取大大学院、東京農工大の5人の学生が訪れたことが紹介される。
8月26日日刊工業新聞広告特集
わが国におけるライフサイエンスの最新動向
ライフサイエンス関連市場
8月26日dotクマが女性職員を襲撃 “おそまつ”だった安全対策クマ類による人身事故について小池准教授がクマの生態からの解説
8月26日大学ジャーナル第12回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催「第12回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」が2016年8月27~28日、開催される。2015年の第11回大会では、一般部門で秋田工業高等専門学校、自動操縦部門で東京農工大学、マルチコプタ部門で東京都立産業技術高等専門学校がそれぞれ優勝している。
8月26日タウンニュースドイツ学生 市内企業見学
欧州人の目で海外進出研究
首都圏産業活性化協会(TAMA協会)と同大学、東京農工大学の連携事業の紹介。
8月26日読売新聞海洋ごみ汚染 国際連携で拡散を防止したい東京農工大が昨年、東京湾で行った調査では、カタクチイワシ64匹の8割近くからマイクロプラスチックが発見された。海底にすむ貝からも見つかっている。
8月26日Chicago Tribuneinternational cooperation needed to prevent spread of marine garbage東京農工大が昨年、東京湾で行った調査では、カタクチイワシ64匹の8割近くからマイクロプラスチックが発見された。海底にすむ貝からも見つかっているという読売新聞の記事を受けて掲載。
8月25日化学工業日報東京農工大 炭素と炭素の結合 電気エネで効率化東京農工大学の千葉一裕教授岡田洋平助教らは炭素と炭素を結合する「ディールスアルダー反応」をわずかな電気エネルギーで効率的に行うことに成功した。
8月25日磯・投げ情報10月号海や魚の不思議をひもとく
海のなんでだろう
第77階海に漂うマイクロプラスチック
8月24日Security NextMac向けTwitterクライアントに絵文字処理でクラッシュする脆弱性Mac OS X向けに提供されているTwitterクライアントソフト「夜フクロウ」に、特定の文字列を処理するとクラッシュする脆弱性が含まれていることを、東京農工大学の市川遼氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告した。
8月24日毎日新聞地方体験交流
.大学生4人、長門市長に農業体験報告 /山口
「地方体験交流」で長門市俵山に全国から訪れている大学生4人が23日、大西倉雄市長を表敬訪問し、農業体験などを報告した。今年は立教大、東海大、鳥取大大学院、東京農工大の5人の学生が訪れた。
8月23日Livedoor News「みらいの教育基金」採択12件発表、ICT教育助成や院内学習支援ほかeラーニング専門ソリューションを提供するデジタル・ナレッジは8月23日、「デジタル・ナレッジ みらいの教育基金」第1次募集期間分の助成決定先を公表した。
8月22日農業協同組合新聞都市農業の課題に迫る 農業協同組合研究会現地研究会農業協同組合研究会(会長:梶井功東京農工大名誉教授)は、横浜農協で第11回現地研究会を開催する。
8月19日読売新聞群馬版朝刊クマによる事故について東京農工大農学研究院小池准教授が解説
8月19日IT PRO自動化した大学間高精細遠隔講義システムの構築と5年間の運用での課題自動化した大学間高精細遠隔講義システムの構築と5年間の運用での課題
8月18日TBSはやドキ!クマによる事故について東京農工大農学研究院小池准教授が解説
8月18日農業協同組合新聞トキと共生する佐渡市で全国棚田サミット 棚田には夢がある!
-棚田の価値を知り・活かし・継承するために-
8月18日日刊工業新聞リーディング大学院 来春、一期生修了
教育・意識改革手応え
東京農工大 「新専攻」で継続示す
8月17日毎日放送襲ったクマは運転席側から車内に、過去にも死亡事故クマによる事故について東京農工大農学研究院小池准教授が解説
8月17日TBS襲ったクマは運転席側から車内に、過去にも死亡事故クマによる事故について東京農工大農学研究院{{http://kenkyu-web.tuat.ac.jp/Profiles/28/0002720/profile.html">小池准教授が解説
8月17日TBSNスタクマによる事故について東京農工大農学研究院小池准教授が解説
8月17日TBSNews23クマによる事故について東京農工大農学研究院小池准教授が解説
8月15日東京新聞防衛相資金を警戒
軍事研究の募集半減
「戦争利用否定 堅持を」学術会議で議論
8月14日Livedoor News「日の丸」液晶会社JDI、存亡の危機…今期業績算定困難、サムスンに全然歯立たずJDI社長の有賀修二氏が1983年東京農工大・大学院工学研究科を修了したことが紹介される。
8月14日niftyニュース「日の丸」液晶会社JDI、存亡の危機…今期業績算定困難、サムスンに全然歯立たずJDI社長の有賀修二氏が1983年東京農工大・大学院工学研究科を修了したことが紹介される。
8月14日Political LoreMicroplastic litter surging globally: studyThe researcher team from the Tokyo University of Agriculture and Technology published the study about the danger of plastic waste fragments in the sea.
8月11日ハザードラボ虫歯菌の酵素からPETやナイロンより優れた樹脂 東京農工大が開発虫歯菌が歯垢を作るときの酵素を利用して、PETやナイロンよりも耐熱性がある樹脂を、東京農工大学の研究チームが開発した。
8月10日東京新聞大学対抗大喜利選手権今週のお題は「ブラジル」と掛けまして…
埼玉大学落語研究会vs東京農工大学落語研究会
8月9日日刊工業新聞連携10社資金で産学プロ東京農工大が年度内
博士教育・企業支援
会がk市場調査、ノウハウ活用
8月8日ビジネス+IT【事例:東京農工大学】クライアントPC更改で起動スピード高速化、消費電力削減を両立
8月8日全球塑胶网浓度已然超过海水 日本发现微塑料危害正急剧增加由东京农工大学教授高田秀重等人组成的研究团队近日宣布,2000年以来世界各地海底淤泥等沉积物中会造成海洋污染的塑料微粒子“微塑料”(MP)积蓄量急速增加。
※中国語記事。海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが突き止めた。
8月7日東京新聞サイ朴ハム創業者 畜産発展に尽力東京高等農林学校(現東京農工大)で学んだ笹崎龍雄氏の功績紹介
8月6日中日新聞 Risa特集
海のプラスチック
マイクロプラスチックについて東京農工大 高田秀重教授のコメントが紹介される。
8月5日日本経済新聞ニュースな科学デュアルユース
軍民両用技術 大学どこまで
学術会議で議論開始
テロに利用 懸念も
8月4日大学ジャーナル「歯垢」つくる酵素から、耐熱性に優れた樹脂を開発 東京大学ほか東京大学、東京農工大学、京都大学の研究グループは、虫歯菌の酵素から環境にも優しく、かつ耐熱性に優れた樹脂の開発に成功し、研究成果を「Scientific Reports」誌に発表した。
8月4日留学360留学东京农工大学机会来了!送价值万元暑期雅思课程学校简介
东京农工大学是一所位于日本东京西北部府中市的国立大学。
※中国語記事。留学先として農工大を紹介している。
8月3日全球塑胶网其浓度已然超过海水 微塑料的危害正急剧增加由东京农工大学教授高田秀重等人组成的研究团队宣布,2000年以来,世界各地海底淤泥等沉积物中会造成海洋污染的塑料微粒子“微塑料”(MP)积蓄量急速增加,微塑料在淤泥中的浓度已超过海水。
※中国語記事。海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
8月2日国家石油和化工网日本研究发现海底淤泥中微塑料沉积量剧增由东京农工大学教授高田秀重等人组成的研究团队近日宣布,2000年以来世界各地海底淤泥等沉积物中会造成海洋污染的塑料微粒子“微塑料”(MP)积蓄量急速增加。
※中国語記事。海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
8月2日日本経済新聞微小プラ 海底に蓄積東京農工大分析 2000年以降急増 底生生物に悪影響
8月2日日本経済新聞微小プラ 海底に蓄積東京農工大分析 2000年以降急増 底生生物に悪影響
8月2日日本経済新聞微小プラ 海底に蓄積 2000年以降に急増 海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが2日までに突き止めた。
8月2日リセマム【大学受験2017】駿台、首都圏と医学部の「国公立大説明会」10・11月駿台予備学校が、「首都圏国公立大学合同説明会2016」を開催し、農工大が参加することが紹介される。
8月2日Livedoor News【大学受験2017】駿台、首都圏と医学部の「国公立大説明会」10・11月駿台予備学校が、「首都圏国公立大学合同説明会2016」を開催し、農工大が参加することが紹介される。
8月1日静岡県警HPドライブレコーダーの映像が御覧になれます。東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
8月1日静岡新聞動画で事故防止
右折時、必ず安全確認
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
8月1日化学工業日報東大・農工大 虫歯菌酵素から高耐熱性樹脂 フィルム・繊維に加工東京大学と東京農工大などの研究グループは、虫歯菌の酵素を用いて高耐熱性樹脂を合成した。
8月1日大学ジャーナル防衛省の軍事利用研究費、大学など10件に支給防衛装備庁が発表した「安全保障技術研究推進制度」の配分先10件に、農工大が含まれることが紹介される。
8月1日全球塑胶网日本研究发现海底淤泥中微塑料沉积量剧增由东京农工大学教授高田秀重等人组成的研究团队近日宣布,2000年以来世界各地海底淤泥等沉积物中会造成海洋污染的塑料微粒子“微塑料”(MP)积蓄量急速增加。
※中国語記事。海洋汚染が問題になっているプラスチックの微小粒子「マイクロプラスチック(MP)」が海底の泥などの堆積物中に蓄積し、その量が2000年代に入って世界各地で急増していることを、東京農工大の高田秀重教授らのグループが28日までに突き止めた。
8月1日The Japan TimesMicroplastic litter surging globally: studyThe accumulation of plastic waste fragments in sea sediment has sharply increased around the world in the 21st century, according to a recent study on microplastic litter.

過去の掲載情報はこちらをご覧ください。